足のしびれ・坐骨神経痛

足のしびれは、腰や骨盤に原因がある場合が多いです。。

原因は神経の出発点が腰になっているからですが、足がしびれているからといって足だけを揉んでも意味がありません。

整形や接骨院でリハビリを受けて来られる方が多いですが、最初の検査で間違えられている方が多いように感じます。

脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、椎間板ヘルニアがよくみかける症状になりますが、どの症状が当てはまるのかをしっかり見極めなければいきません。

ここで間違えてしまうと、その後の施術自体が見当違いになり、一向に回復しないという負のスパイラルに入ってしまうのです。

足をひきずって来院される方も多いですが、短い間隔で骨盤を矯正していくと、急性のつらい痛みは止まります。

またシビレに関しては、ご自宅や仕事先でも気を付けねばならない姿勢、動作があります。当院では詳しくアドバイスもさせて頂きますので、是非早く身体を回復させてスポーツや仕事を楽しんでください。

足の痛み・シビレに関する症例

脊柱管狭窄症の手術後に痛みが再発

・ヘルニアからの足の激痛

・脊柱管狭窄症の手術をしたが痛みが治まらない

腰や足のシビレに関する筋肉

大殿筋
腰痛に関係する代表的な筋肉です。

足を伸ばしたり、回したりする時に使う筋肉ですが、骨盤、腰の骨の土台となる筋肉なので、疲労しやすい場所です。

梨状筋
この筋肉の下を坐骨神経が通っています。足のしびれ、坐骨神経痛に深く関わる筋肉です。

梨状筋がほぐれると足の動きも軽くなります。

大腿二頭筋
「足が疲れた」「足がしびれる」という方はこの筋肉が硬直してきます。

とても強靭な筋肉ですが、硬直したままだとヒザを曲げるのが困難になってきますので、気を付けてください。

腓腹筋
ここも足の疲れに大きく関係する筋肉です。

この筋肉がやわらかい人がいますが、足が弱っている可能性があるので、注意です。
しっかり歩いて筋肉を付けなければ付けなければなりません。

坐骨神経痛
写真の黄色の線が坐骨神経です。

この神経上の筋肉に痛みが発生してくるのです。

座骨神経痛の疑いがある方は、すぐに施術をされた方が良いでしょう。これは放っておくと回復させるのが、大変になってくる症状です。

患者様からの喜びの声

女性 40代 会社員

医者で「すべり症」と言われてから毎日が恐怖でした・・・

整形外科ですべり症と言われてから毎日痛みと恐怖で一杯でした。

しかし、先生にみてもらったら「大丈夫、骨盤が歪んでいるだけですね」と言われ、本当に安心できました。それから何度かみてもらったら引きずっていた足の痛みがなくなり、普通に歩けるようになりました。

先生に「人間の腰はそんなにヤワな作りはしてないですよ!」と言われて今まで「またすべったんじゃないか!」とビクビクして生きてきたのがバカバカしく思えました。

近所の人達も、私が普通に歩いているのを見て驚いております。

お客様の声・全文はこちらで掲載しています

お電話でのご予約
インターネットからのご予約

このページの先頭へ