頭痛から吐き気

頭痛と吐き気がひどいと言って貝塚市から30代の女性が来院して下さいました。

1年前から頭痛と吐き気が出るようになり、病院に行ったところ「自律神経失調症だから薬を出しておきます」と言われてそれから頭痛薬とピルまで処方されているそうです。

本当は飲みたくないのですが、なかなか手放す事ができず、痛くなったらすぐに飲むようになっています。



1日の中で何度か頭痛が来ては治まり、少ししたらまた頭痛…

こんな事を繰り返しながら生活するのが苦しいと言われました。雨の日などは起き上がれないほど体がだるくなるそうです。

まだ小さな子どもさんがいて、育児に忙しいのに自分の体が言う事を効かないのでご主人にも迷惑を掛けていると困っていました。

とても可愛そうな状態です。私も幼い頃から母親が頭痛で苦しむ姿を見てきているので、この女性の家族の気持ちがよく分かりました。

検査の為に首を触ってみると、下の絵にある黄色マークの場所に硬いしこりがあります。かなりコリコリとした感触なのですが、筋肉が石のように固まっている印象があります。



ここで血流を塞いでしまっているのでしょう…

頭痛が出る人はこの筋肉がパンパンに張っている人が多いです。恐らくあなたもそうではないでしょうか?

その下には頸動脈が走ります。また少し後ろになりますが、椎骨動脈も走ります。その血管を押さえ出してくると血流が遮断されて頭痛が始まるのです。

なので、治療はまずこの筋肉を柔らかくする事から始めていきました。

5分ほど施術をすると硬い筋肉に変化が出てきます。そこで聞いてみると、「さっきよりも痛みがマシになっています」と言われました。そのまま筋肉に沿って柔らかくしていきます。

すると、来た時よりもハッキリと違いが分かってきたそうです。背中も柔らかくして少し丸くなった背中を伸ばす為に胸椎の矯正を行いました。

「気持ちいい!」

と言って下さいました。矯正すると音は鳴りますが痛みはありません。背中がとても伸びた感覚になるので多くの人に喜ばれます。

初日はここで終了。

週2回のペースで来て頂いて10日間ほど過ぎた頃、今日旦那さんから言われたんですけど、

「そう言えば最近、お前頭痛いって言わなくなってるな!」

って、私も考えてみると薬も飲んでいないんです。

と言われました。うまく血流が再開されてきたのでしょうね。偏頭痛など筋肉が原因しているものであれば、柔らかくなって血流が通った瞬間に症状は改善されてきます。

それほど難しい事ではないのです。ただ筋肉を傷つけずに柔らかくする事は簡単ではありません。街のマッサージ屋さんでやってもらうと、筋肉繊維のメカニズムを知らないので正しく柔らかくする事が困難かも知れません。

自律神経失調の症状もありましたので、2ヶ月ほど掛かりましたが、今では雨の日でも何も関係なく、昔の症状はなんだったのか分からないほど気にならなくなったと喜んで頂けました。

なので、全ての薬から離脱する事に成功です。

かなり柔らかくなったので、こうなると再発リスクがかなり軽減されます。恐らくもう悪くなる事がないでしょう。

文章では伝わりにくいですが、これが筋肉なの?って言うくらい柔らかくなったと言う事です。

あなたがもし同じように頭痛や吐き気でお悩みでしたらどうぞお気軽にご連絡してください。

電話072-465-8882

「頭痛のページを見て..」とお電話してください。  

メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。

  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。  

それではご連絡をお待ちしております。

このページの先頭へ