腰椎すべり症でしびれ

すべり症

貝塚市から50代女性Nさんが立っていると右腰から足まで痛みで動けなくなるという事で来院して下さいました。

Nさんは看護師さんです。

夜勤などで患者さんのお世話をする作業が多くなると、だんだん右腰が痛くなり、次第に太ももの外側まで痛みが下りてくるという事です。

ご自身の職場が病院という事もあり、整形外科で診てもらったのですが、「腰椎すべり症」と診断されてしまいました。注射を打ってもらいなんとか痛みをしのいでいるのですが、仕事をして疲れてくると痛みが強くなります。

腰椎すべり症とは、背骨はいくつもの骨が連なってできているのですが、このうち腰の骨にあたる腰椎がずれることで脊柱管を圧迫するのが腰椎すべり症と言われます。5つある骨のうち、1つの骨が前方にズレる、または滑ってしまう状態の事を言います。

昔は水泳のバタフライ選手に多いなんて事を言っている時期もありました。何度も体を反る動作をするから、骨が前に滑ってくると連想したのだと思いますが(笑)。

全くおかしな話です。

Nさんの腰について、前に滑ろうが後ろに滑ろうが関係ありません。誰でも人間の腰はどっかに滑っています。二十歳を過ぎたら誰でも変形なんかしてくるっていう話ですね。

それを痛みが出ると病気のようにしてしまうのです。

検査をしてみると、右側の骨盤が上がっているようでした。

検査

右側の腰全体が硬く固まっているのです。なので骨盤は上に引っ張られてしまい痛みを発生させます。実を言うとこの痛みは神経とは関係ないのです。

この右側の筋肉を中心に施術していきました。10分ほど経過した時に指先に当たる筋肉の感触が変わりました。

1度立って動いてもらうと、

「うん、なんか楽!痛みが違う!」

と言って下さいました。ここでNさんも腰の骨が問題ではないと納得して下さったようです。

続けて施術していきました。初日が終わって2回目に来院して頂いた時に、

「あの日の夜勤は本当に楽だった~、なんも痛みが出なかった!」

と報告してくれました。まだ硬い筋肉が残っているので、この後も何度か治療をしていったのですが、Nさんご自身が回復すると、同僚で腰や足が痛む人を何人もご紹介してくださいました。

看護師さんでも、多くの方が毎日無理して動いています。痛み止めなどを飲みながら頑張っておられる人が多いです。

薬は副作用があるので、できるだけ飲まないで健康な体を取り戻したいですね。

あなたも筋肉が柔らかくなる事ができたら腰や足の痛みから解放されます。

もし同じようにお悩みでしたらどうぞお気軽してください。

電話072-465-8882「猫背矯正のページを見て..」とお電話してください。  

メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。

  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。  

このページの先頭へ