腰痛予防の寝具とは?

腰痛マットレス

こんにちは若村治療院です。

治療しているとよく受ける質問があります。

「ベッドって硬い方がいいですか?柔らかい方がいいですか?」

これについてですが、多くの人は毎日睡眠時間は6時間くらいとっていると思います。6時間も寝たままで体を動かさないと、筋肉は緊張してしまいます。

人間の体は寝ている時も筋肉から老廃物が排出されますので、筋肉を緊張させないでおく必要があるんです。

だから人間は寝返りを打つようにできているんですね。

子供は大人よりも、頻繁に寝返りを打ちますよね?ひどい時は隣の布団まで動いていきます(笑)

これは成長過程にあって筋肉細胞の代謝が大人よりも早いので、頻繁に寝返りを打って、筋肉から老廃物を排出させる必要があるからなんです。

治療に来られる方で、「朝起きた時が1番腰の痛みが強い」と言われる人が多いのですが、この場合は、寝具を見直す必要があるかも知れません。

硬すぎる寝具で寝ていると、体重で筋肉が圧迫され、血行不良を起こすことがあります。うっかり床で寝てしまって、床と接触していた場所が痛み出すのもこれと同じ理由です。

なので、硬すぎる寝具はよくありません。

丁度良い硬さ

それとは逆に、柔らか過ぎる寝具を使用すると、体が寝具に埋もれて、寝返りが打てない状況になります。

よく低反発のマットレスが多く出回っていますが、体が寝具に沈んでしまって寝返りが打ちにくいものもあるので、あまりお勧めは出来ないですね。低反発マクラも一緒です。私は嫌いです

私が師匠から聞いて納得したのは、10cm程度のクッション材、マットレスなどの上に布団を敷くことですね。

これだと十分に寝返りが打てます。

硬すぎず、柔らかすぎず丁度良いです。寝た瞬間にしっくり来ました。そしてまた、これと同様にマクラも一緒なんですね。

まくら

低過ぎても高すぎても駄目です。寝返りしやすい丁度良い「硬さ」「高さ」が必要なんです。

私が1番困るのは、研修などで宿泊する時です。部屋に入ってまず確認するのがマクラです。ホテルのマクラって柔らかすぎるのが多いんですよね。

見た目はいいんですけど、頭を置いたら沈み込み過ぎて疲れるのです。なので、仕方なく2つ重ねたりして寝ていますが、これが毎日だと疲労が抜けないと思います。

ですから、心当たりがある人は是非、寝具を見直す事も考えてみてください。

心配な方は治療の時に詳しく診させて頂きますので、遠慮なく質問してくださいね。

マクラをオーダーして失敗している人も多いので、オーダーする気でしたら、まず先に私に相談してください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院
TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
お問い合わせページはこちら


受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

このページの先頭へ