糖尿病には食べる順番

以前、東京でクリニックをされているドクターに教えて頂いた事ですが、健康診断などで「糖尿病予備軍」とされた人達の食事方法をお聞きしました。


なんとなくやってみた事ではなく、多くの患者さんに試して、実際の現場で結果を出してきた中から学んだ事を教わりましたので貴重な話です。


このドクターは、医師免許を取得してすぐに緊急医療センターに勤めたそうですが、運ばれてくる患者さんの中には、学校で教わった通りにならない患者さんが多かったそうです。


「おかしい、こんな筈はない…」


と思いながら日々、現場で頑張っていたそうです。このストーリーを話すとかなり長くなるのでまた次回にしますが…


今回は、糖尿病の人が気をつける食事の順番についてです。


恐らく誰でも聞いた事はなる話だと思いますが、細かい点で間違っている人が多かったです。


まずは野菜から食べる!って聞いた事があると思います。そして次はおかず!最期はご飯!と言う順番ですが、これを言うと、


「はい、そんな事は知ってます!」


と言われる方がおられます。そこで質問します。


「その野菜は最初に全て食べきってますか?」


と訪ねると、「いや、全部は食べずにおかずに行く。そしてご飯…」


ここなんですね。ほとんどの人が、


野菜→おかず→ご飯→野菜→おかず→ご飯…


こんな感じで三角食べになっているんです。この事をドクターは指摘しておりました。


「野菜は全て最初に食べきってください!それからおかずを食べきってください!そして最期に炭水化物のご飯かパンを食べるのです!」


これを伝えるとほとんどの人が出来ていません。


このドクターの元には、「糖尿病ですがどうしても1週間に1度はラーメンを食べないと気が済まない」と言う患者さんも来院されているようです。ドクターは仕方なく…



「分かりました。それでは1週間に1度だけです。そのラーメンを食べる時は必ず上から順番に食べてください!」


と言ったそうです。ラーメンと言えば普通、一番上にはモヤシやキャベツなどの野菜が乗ってますよね?


その次に肉です。


ここで肉を食べきるのは私も少し抵抗があります。大好きなものは最期に取っておきたいタイプなので、ここは苦痛に感じますが、これが「おかず」に当たる所ですね。


肉を全て食べきったら最期に炭水化物を戴きましょう!この時点でもうお腹がいっぱいと感じる人も出てきますので、かなりダイエット効果も期待できます。


ある研究グループによると、炭水化物より先に食物繊維を含む食品を摂ると、消化管からの糖の吸収がゆっくりになり、食後の高血糖や体重増加を抑える効果が得られると言われています。


また、たんぱく質を含む肉や魚を先に食べると、胃の働きを緩やかにして食欲を抑制するホルモンの分泌も促されます。


野菜などをよく噛むことで、満腹感、満足感も得られやすく、食べ過ぎも防げます。


ドクターは、「食べるな!」とは言っていないのです。順番だけ気をつければ良いと言う事です。


これだけで体重が落ちますので、興味がある人はやってみてください!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ