トラウマと肉体の関係性

350

 

こんにちは、若村治療院です。

トラウマとは誰にでもあると思いますが、これが体に大きく関与します。

 

例えば昔、犬に噛まれた事がある人は犬が怖くなります。1回ならまだしも、2回噛まれたら「もうイヤ、怖い!犬には絶対に噛まれる」と考えると思います。

 

これと一緒で、「重たいものを持ち上げた時に、腰が痛んだ」となると、次に重たいものを持つ事が怖くなります。

 

「またギックリ腰になるのではないか?」という思いが先行してしまうのですね。

 

しかし、『絶対』にそんな事はありません。これは偶然に起きた事ですからトラウマにならないでください。

 

人間は悪い事に関する学習能力が高い生き物らしいです。こんな事高くなくてもいいんですけどね・・・

 

■PTSDは女性の心臓発作、脳卒中リスクを高める

 

http://circ.ahajournals.org/content/early/2015/06/23/CIRCULATIONAHA.114.014492.abstract?sid=cf636181-7437-4c3e-87aa-27060c328311

 

トラウマ的な出来事を経験したりPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した女性は、そうでない女性に比べて、将来心血管疾患のリスクがかなり高まるようだ、という米国コロンビア大学からの研究報告。

 

研究チームは、大規模疫学研究である、看護師健康研究IIの参加者約5万人の20年以上にわたる追跡調査の結果を解析した。
データ解析の結果、PTSDの症状が4つ以上ある女性は、心血管疾患の発症リスクが、トラウマ的事象に遭遇したことがない女性に比べて、60%高まることがわかったという。

 

PTSDの症状はないが、トラウマ的事象に遭遇したことを報告した女性は、心血管疾患のリスクが45%高まった。
PTSD症状と心血管疾患の間の関連性の約半分は、喫煙、肥満、運動不足、高血圧などによって説明できるようだ。

 

「PTSDは一般に精神的な問題と考えられているが、我々の結果によると、それはまた身体的な影響ももつようだ。特に心血管系疾患のリスクに対して」と筆頭研究者のジェニファー・サムナー博士は語っている。

 

*************************************
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街
************************************

コメントを残す

このページの先頭へ