千代の富士が膵臓ガンだった

tiyo

こんにちは、若村治療院です。

ビックリしました。千代の富士がガンになっていたなんて・・・

 

それも膵臓ガンの手術という事ですが、早期で良かったのですね。

 

痛みを伴わないガンという事ですから発見が遅れると聞きますので怖いです。

 

現役時代、とても身体に無理した食事をしていたと思うので、膵臓も悲鳴を上げていたのでしょう。

 

■元千代の富士、がん手術 早期発見で「大丈夫」
2015年9月14日 (月)配信共同通信社

 

7月の大相撲名古屋場所を内臓疾患で全休した九重親方(60)=元横綱千代の富士、本名秋元貢(あきもと・みつぐ)、北海道出身=が秋場所初日の13日、早期の膵臓(すいぞう)がんで手術を受けていたことを明らかにした。

 

1カ月ほど入院し、7月下旬に退院した。

 

体重は13キロほど減ったというが体調は良好で「大丈夫だよ。健康体だ」と張りのある声で話した。秋場所は通常通り、館内で無気力相撲の有無をチェックする監察委員の職務に当たる。

 

現役時代に「ウルフ」の愛称で親しまれた九重親方は、史上3位の31回の優勝を誇り、1989年に角界で初めて国民栄誉賞を受賞した。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

コメントを残す

このページの先頭へ