四十肩・五十肩に悩む

四十肩・五十肩…
こんな辛い症状があるのか?


経験した事がある人は思う事です。


誰でも聞いた事がある言葉ですが、この症状になった人は、「まさか自分がなるとは思ってもいなかった」と言います。


本当に辛いです。


しかし、治った人が言う言葉は、「時間が経ったら勝手に治っている…」ですが、本当にそうでしょうか?


痛みは取れたとしても可動域は悪いままの人が多いのです。でも痛みから解放されただけで幸せなので、以前のように自由に動かなくても満足する人もいるのです。

四十肩・五十肩とは「肩関節の周囲が痛む症状」で方の痛みを発生させる事です。種類はあるのですが、


肩関節健板炎
健関節には腕を上げる時に動く「腱板」と呼ばれるインナーマッスル(筋肉)が付着しています。加齢と共にこのインナーマッスルが摩耗して炎症を起こした状態が肩関節周囲炎です。


肩峰下滑液包炎(けんぽうかかつえきほうえん)
肩関節の動きの自由度を確保する為に筋肉と骨の間には、第2肩関節と呼ばれる肩峰下滑液包という袋が存在しています。この袋の中には滑液とよばれる液体が入っていて、肩関節の複雑な動きに対応する仕組みになっているんです。

この症状は何らかの原因で炎症を起こした状態を指します。

肩の痛みに加えて腕のだるさや夜間の痛み(夜間痛)が発生する場合もあり、腕を横に上げた時に痛みを感じやすくなります。


上腕二頭筋長頭腱炎
治療院業界ではもっともメジャーな筋肉と言っても良いかも知れません。二の腕の力こぶを作る時に硬くなる筋肉が上腕二頭筋です。この上腕二頭筋の腱は上腕骨の通り道を通って肩関節に付着しています。


この通り道である上腕骨と上腕二頭筋の腱がこすれて炎症を起こした状態を上腕二頭筋長頭腱炎と言います。主に腕を上げたり、ひねったりするとズキッと痛みを感じます。


私に経験上、「あれ、なんだか肩が痛むぞ」と思ったらすぐに治療に取りかかった方が回復は早いです。


・バンザイした時に肩が痛む

・肩が痛くて腰の後ろで両手を組めない

・肩が痛くて後頭部で両手を組めない(髪が結えない)

・就寝時、悪い方の肩を下にして寝ると痛む

・就寝時、肩が痛くて寝返りができない

・上着の脱着で肩関節が痛む


このような姿勢をとった時に肩関節がズキッと痛むならば、なるばく早く治療に移ってください…


痛みを長期間放置してしまうと、関節が硬くなり治癒するまで本当に時間が掛かる症状です。


これを理解して頂かないと、「治療しているのになんで治らないの?」という強い疑念に変わりますが、これは本当に厄介な症状なのです。


しかし、ある場所を徹底的に柔らかくする事が出来たら、驚くほど回復時間を短縮できるので諦めないでください!




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ