右腕が痛くて眠れない|泉佐野市の整体院

Work through the pain 「寝がえりの度に激痛で目が覚める..」   「座っていると腕が痛くなる..」   と言って40代の女性が来院してくれました。   デスクワークが多いのですが、痛みがひどくて病院へ行くとシップと痛み止めのロキソニンを処方されただけで終わり。   なにも治療は無かったと言うのです。   この痛みのせいで「趣味の旅行にも行けずに落ち込んでいる」と言われました。   こんな状態が長く続くと、まずしっかり眠る事ができないので、筋肉は更に硬くなります。   そして、ご飯が美味しく食べる事ができなくなり腸内環境が悪くなり便秘。   更に他の病気に繋がるという負のスパイラルに陥ってしまいます。   しかし治れば全て問題なく動き出し、朝まで痛みに邪魔されずに暖かい布団の中でグッスリとした睡眠を摂る事が可能になります。   この女性は検査の為に首を動かしてみると、上へ向く事と右へ傾けると右腕に痛みが走ります。   背骨はS字に歪んで姿勢も悪くアゴが前に出る姿勢。   骨盤も左右段差ができて右足が短く見えました。   治療は基本的に骨格の歪みを正していきますが、まず硬くこわばっている筋肉をほぐしていきました。   この時点で首の動きが大きくなってきます。   可動範囲が大きくなるという事は神経を挟む場所が無くなるという事なので、痛みやシビレが解消されていきます。   初日は首の矯正以外、全ての骨格を正して終了です。   2回目から、可動範囲を広げる施術をしながら、タイミングを見て首の矯正をしていきました。   すると更に可動範囲が大きくなり、スムーズに動くようになってきました。   こうなると、痛みの度合が少なくなり夜に目が覚めないで眠れるようになります。   という事は、自然に筋肉が回復する時間が出てくるのでより治るスピードが速くなるのです。   負のスパイラルから脱出し、正のスパイラルに変わりました。   この女性は私のアドバイスをしっかりと聞いてくれましたので、この後も回復が早く痛みから解放して頂けました。   今では自由に旅行や登山を楽しんでおり、フェイスブックの投稿を見ていると、とても楽しそうです。   多くの人が行っている事ですが、意味のない薬で痛みを抑えようとすると必ず反動がきます。   副作用で胃を痛め、最終的には違う症状..「胃がん」などを誘発してしまう恐れがありますので、症状にあった正しい治療を受ける事をお勧めいたします。   なるべく自然の力、自分の再生能力で回復していきたいですね。   もしあなたがこのような痛みでお悩みでしたら、どうぞお気軽にご連絡してください。   電話072-465-8882 「手のシビレのページを見て..」とお電話してください。   メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。   あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。   それではご連絡をお待ちしております。

このページの先頭へ