手のしびれ

手のしびれは、首に原因がある場合が多いです。
原因は神経の出発点が首になっているからですが、手がしびれているからといって手だけを揉んでも意味がありません。
整形や接骨院でリハビリを受けて来られる方が多いですが、最初の検査で間違えられている方が多いように感じます。
ここで間違えてしまうと、その後の施術自体が見当違いになり、一向に回復しないという負のスパイラルに入ってしまうのです。
またシビレに関しては、ご自宅や仕事先でも気を付けねばならない姿勢、動作があります。
当院では詳しくアドバイスもさせて頂きますので、是非早く身体を回復させてスポーツや仕事を楽しんでください。

手のしびれ・痛みに関する症例

・右腕が痛くて眠れない

・腕がシビレて感覚がない

・首と肩が痛くなり指もしびれる

首・肩の痛み・しびれに関する筋肉

肩甲挙筋
肩甲挙筋は、重たいリュックサックやショルダーバックの装着によって、最も負担のかかる筋肉の一つ。頚椎を支える重要な筋肉です。 ほとんどの人が硬くなり、頚椎の歪みがでています。
僧帽筋
代表的な筋肉ですが、肩をすくめたり、気をつけの姿勢をとったり、腕を挙げたりする時に使う筋肉です。 これだけ大きい筋肉ですから、上半身の疲労には必ず関わってくる筋肉になります。 ここの筋肉をほぐしている時は眠っている方も多く、「生き返った!」と言われる方が多数です。
菱形筋
菱形筋は、肩を前に引っ張る胸筋の力に反発して、常に緊張状態にあるため、硬くなりやすい筋肉。 吐き気や、胃の調子を悪くされている方にも特に有効な筋肉です。 肩甲骨のあいだが苦しいと言われる方が多いですが、この筋肉が非常に硬く緊張しています。

患者様からの喜びの声

女性 30代 主婦

テニスができるようになりました!

整形で頸椎ヘルニアと言われ、腕のシビレと痛みで悩んでいるところ、若村先生を紹介してもらいました。 手術も考えた方がいいと言われていたのですが、先生が「大丈夫です。僕の言う通りにしてください」と言われた時は本当に嬉しかったです。 そして施術をしていくうちにシビレや痛みの感覚が変わっていき、いつの間にか全く気にならなくなっていました。 お陰様で大好きなテニスも再開できています!

お客様の声・全文はこちらで掲載しています

お電話でのご予約 インターネットからのご予約

このページの先頭へ