肩こり

肩こりの原因は姿勢の問題が一番多いです。

背中が丸くなりアゴが前に突き出るような姿勢が長くなると、必ず首や肩に負担が掛かり肩がこってきます。

こんな姿勢は身に覚えはありませんか?

長い時間のデスクワークになると、最初は意識して姿勢を良くしていても5分経つと意識も忘れ、背中が曲がってくると思います。

そして背中が曲がったまま筋肉が付いていくのですね。こうなると正しい背骨の位置と、正しい筋肉ではないので真っすぐな姿勢を保つ事ができません。

主婦は力仕事ではないと言っても毎日の家事はとても大変で背中や肩が疲れてくると思います。朝早くから晩御飯が終わっても家事仕事は続きますよね。

そんな肩こりですが、背骨を真っすぐ伸ばすように矯正していくと楽になってきます。

「重たく何か乗っている」と感じるあなたの肩を、ぜひ新しい体質に変えていきましょう。

ただし重要な事があります。なにをしても取れない肩こり、昔から続く長い肩こりなどは自律神経の問題がある場合がありますのでこちらの自律神経のページもご覧ください。

首・肩の痛み・しびれに関する首の骨(頸椎)

首の骨(頸椎)

どのような方にも共通して言える事は、頚椎に歪みがあるという事。

この頚椎の歪みによって、肩こり・頭痛・腕のシビレなど様々な症状を引き起こします。
自立神経の調節にも非常に関わりの深い場所です。
ここの配列が正常であれば肩まわりの苦痛はなくなるのです。

当院では正確に診断して、正確に歪みを正していきます。

首・肩の痛み・しびれに関する筋肉

肩甲挙筋

肩甲挙筋は、重たいリュックサックやショルダーバックの装着によって、最も負担のかかる筋肉の一つ。頚椎を支える重要な筋肉です。

ほとんどの人が硬くなり、頚椎の歪みがでています。

僧帽筋

代表的な筋肉ですが、肩をすくめたり、気をつけの姿勢をとったり、腕を挙げたりする時に使う筋肉です。

これだけ大きい筋肉ですから、上半身の疲労には必ず関わってくる筋肉になります。
ここの筋肉をほぐしている時は眠っている方も多く、「生き返った!」と言われる方が多いです。

菱形筋

菱形筋は、肩を前に引っ張る胸筋の力に反発して、常に緊張状態にあるため、硬くなりやすい筋肉。

吐き気や、胃の調子を悪くされている方にも特に有効な筋肉です。

肩甲骨のあいだが苦しいと言われる方が多いですが、この筋肉が非常に硬く緊張しています。

頚椎(首)の矯正

写真の場合は頚椎2番の矯正。

この場所は、頭痛・肩こり・不眠・目の疲れなどに即効性のある場所です。

パソコンを使うようになり、とても便利な世の中ですが、その分、首や肩への負担も大きくなってます。

早く身体を回復させて、スポーツや遊びに好きな事をしてください!

患者様からの喜びの声

女性 20代 会社員

「体は一生もの」ということに気付かされました。

首のコリで初めて整体をお願いするまでは自分の体の筋肉の付き方が左右別であり、それが疲労につながっている事や、長年の習慣が、知らぬところで体に影響を及ぼしていることに気づきませんでした。

これまで気まぐれにエステやマッサージを数多く試してきましたが、体のライン、筋肉の位置、大きさ、骨の位置をより医学的にみてもらうことで、「体は一生もの」ということに気づかされました。

長期的な目で、心、身、共に健やかでいられるように、これからも体をいたわりつつ、定期的にメンテナンスしていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。

お客様の声・全文はこちらで掲載しています

お電話でのご予約
インターネットからのご予約

このページの先頭へ