クマのプーさんが虫歯だった

po

こんにちは、若村治療院です。

僕はあまり詳しくないのですが、かろうじてクマのプーさんという存在は知っていました。

 

そのプーさんのモデルになっていた熊がいた事は知らなかったのですが、虫歯が多かったという現実があるそうです。

 

野生での生活ならそれほど起きない問題も、人の手が加わるとすぐに病弱な体に変化していくのですね。

 

なんでも手に入り、たくさん食べる事ができる世の中なので、これでは僕達も病弱になっていくのは仕方がない事かも知れません。

 

生きている以上できるだけ長い期間、「極端に病弱」、「極端な老化」など、できるだけ避けて通りたい症状です。

 

■プーさん蜂蜜食べ過ぎ? モデルのクマの骨見つかる

2015年12月11日 (金)配信共同通信社  【ロンドン共同】

 

世界の子どもたちに愛される人気キャラクター「クマのプーさん」のモデルで、ロンドン動物園で飼育されていた雌のクマ「ウィニー」は、多くの訪問客から蜂蜜や甘い物を与えられた結果、晩年はほとんど歯の無い状態だったことが最近の研究で分かった。

 

英メディアが報じた。

 

ウィニーは1934年に動物園で死んだ後、英国の王立外科医師会が頭蓋骨を他の動物の骨などと一緒に保管した。

 

最近になって所蔵物の点検中に骨が見つかり、ロンドンにある医師会の博物館が骨の展示を始めた。

 

博物館によると、公開は初めて。  ウィニーはカナダで獣医師に飼われていたが、1910年代にロンドン動物園に寄贈され、人気者に。

 

26年に発表された「クマのプーさん」原作者A・A・ミルンの息子、クリストファー・ロビンがウィニーのファンとなり、クマの縫いぐるみに「ウィニー」と名付けたことが作品のヒントになった。

 

「クマのプーさん」の原題は「ウィニー・ザ・プー」。

 

後に米ディズニーがアニメーション化し、より広く知られるようになった。

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 

 

コメントを残す

このページの先頭へ