安全な日本と海外の状況

pira

こんにちは、若村治療院です。

僕は20年前にエジプトとヨルダンに行ったことがあります。

今では旅行は困難になった場所ですが、思い出すととても懐かしいです

 

当時、僕が行った3か月後にエジプトのカイロ博物館で爆破テロがありましたが日本とはまるで違いますね。

 

バスに乗っている時に、広場でイスラム教の人達が礼拝していたのでビデオ撮影しました。

 

すると数人が怒ってこちらに向かってきたことがあるのですが、バスが発車してくれたお陰で助かりました。

 

怖かったです、

もし捕まっていたら何をされていたのだろう・・・

 

■ガザで乳児死亡率が悪化 物資制限や戦闘が影響か
2015年8月28日(金)配信共同通信社

 

【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザで乳児死亡率が過去約50年で初めて悪化したことが27日までに、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の調査で分かった。

 

UNRWAの清田明宏(せいた・あきひろ)保健局長は「イスラエルによるガザへの物資搬入の制限や、繰り返される戦闘が影響している可能性がある」と指摘している。

 

清田氏によると、乳児死亡率は地域全体の保健状況を示す指標とされ、UNRWAはガザなどのパレスチナ難民を対象に5年ごとに調べている。清田氏は、改善傾向にあった乳児死亡率が悪化することは世界的にほとんど例がないと懸念を示し、ガザで今年さらに調査を行う方針。

 

千人の出生数に対する1歳未満の死亡数は、1960年ごろの127人から、2008年に20・2人にまで改善したが、13年は22・4人と悪化した。また生後4週間未満の新生児の死亡数も、千人の出生数に対し、08年の12人から13年には20・3人に悪化したという。

 

ガザは、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配している。敵対するイスラエルはハマスが武器を入手することなどを警戒してガザの境界を管理し、人の移動や物資の搬入を制限。

 

清田氏は「ガザの医師が十分な訓練を受けられなかったり、医療品の供給が不十分だったりすることがある」と述べ、ガザの医療施設の質が低下している恐れがあると説明した。

 

イスラエルとハマスは08~09年、12年、昨年夏と戦闘を繰り返している。昨年夏の戦闘では、ガザで子どもを含む2200人以上が亡くなり、多くの家屋が破壊された。イスラエル側では約70人が死亡した。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ