焦げたパンとガンの関係

pan

こんにちは、若村治療院です。

僕はトーストが好きですが、カリカリになっている所は美味しく感じます。とは言っても焦げる程焼く事はほとんどないですが、たまに食べると美味しいです。

 

昔から焦げたところを食べ過ぎるとガンになると聞いた事がありましたが、やはり今でもあるようですね。

 

事実かどうかは定かではないですが、写真を見るとやはり良くはない気はしますね。

 

■カリカリのトーストはあなたをがんにするかも、FSAが警告

Crunchy toast could give you cancer, FSA warns

By Robert Mendick, Chief Reporter 14 Nov 2015

http://www.telegraph.co.uk/news/health/news/11996554/Crunchy-toast-could-give-you-cancer-FSA-warns.html

 

FSAのアクリルアミド報告書を受けての報道

 

カリカリに焼いたローストポテトやトーストに注意。

 

どちらにも心配なくらい高濃度の発がん物質が含まれる。

 

FSAの新しい研究で家庭で調理したロースとポテトとトーストのアクリルアミドを測定した。

 

FSAの主任科学アドバイザーはローストポテトやチップスは「明るい黄金色」に、トーストは「最も軽い色のみが許容できる」という。

 

カリカリにすればするほどアクリルアミドの量が増える。

 

ポテトは色の薄いものと濃いものでアクリルアミドの含量は50-80倍、トーストは19倍違う。

 

Poppy教授は「食べるなと言っているのではなく、家で調理するときには明るい色に、と助言している」という。

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ