首と肩甲骨が痛い

肩甲骨が痛い

今回は泉佐野から30代女性のYさんが首と肩甲骨が痛いと言って来院されました。

突然、左の肩甲骨が痛くなって息苦しく感じます。寝違えたのかなーと思ったのですが、息を吸っても痛いし、背中まで痛いです。ストレッチをしても痛みは取れず何かの病気になったのかと不安になっています。

こういう症状は、実は私も何度か体験した事がるよくあるのですが、実際に息苦しく感じると、とても怖くなってくるんです。

Yさんは整形外科に行ったら「ストレートネックだから仕方がありません、薬を出しておきましょう」と言われたそうです。

1ヶ月もこんな状態が続いているので、仕事に支障が出てきました。

検査をしてみると、首の付け根のあたりに硬い石のような「しこり」ができています。首と肩甲骨が痛い人に多くみられるコリなんですね。

ご自身では気が付かないところに原因はあるものなので、何度も質問の仕方を変えて聞いていくと、どうやら枕をオーダーメイドしたそうです。結構値段の高い枕を作ったみたいです。

更に詳しく聞いてみると、その枕の下に腕を突っ込んで寝る癖があると言われました。ここに答えがありました。

Yさんはご自身の首に枕の高さと硬さが合っていないので、寝苦しいから無意識に枕の下に腕を入れて高さを調節しようとしていたのです。そうしているうちに同じ場所だけに体重を乗せる事になり、今回のようなしこりを作ってしまったのでした。

枕の下に腕を入れる

数回なら問題ないのですが、恐らく何ヶ月も続けて同じ姿勢を取り続けてしまったのでしょうね…

なので、施術はそのしこりを取り除く事を重点的にしていきました。

Yさんの場合は、かなり早いペースで柔らかくなっていきました。15分くらいすると、痛みはかなり軽減できたようです。最初から半分以上楽になったと言われました。

初日は背中にある胸椎を2箇所だけ矯正して終了しました。

2回目に来て頂いた時は、かなり楽になっているが、まだ少し痛みが残ると言う事で、まだ残っているしこりを取り除くように施術していきました。

でも、寝る時に痛みが楽になっているので朝まで起きずに寝る事が出来たと喜んでおられました。

今回もかなり早いペースでしこりが取れていきましたので、骨盤と胸椎を伸ばしました。その後に起き上がってもらうと、ほとんど痛みが感じないと言うのでここで終了です。

Yさんのように、少し生活に変化を加わるだけで体は楽にもなり苦しくもなるのです。でもこんな事は専門家でない限り知るはずもありません。オーダー枕を作ってくれるスタッフならば本当は知っておかなければならない症状です。

私達のように治療現場にいると、よくある症状なので改善させる方法も分かります。

もしあなたがYさんのような同じ首や肩甲骨の痛みでお悩みでしたらどうぞお気軽にご連絡してください。

電話072-465-8882「頭痛のページを見て..」とお電話してください。  

メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。

  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。  

このページの先頭へ