右腕がしびれる

しびれ

泉南市から50代の男性、Tさんが右腕のしびれを訴えて来院されました。

5年前にも同じようなしびれがあり、当時は体全体の力が入らなくて動けなくなったことがあるそうです。その時の前兆が腕のしびれから始まったらしいです。

その後、腕のしびれは自然に引いていったのですが、半年くらいするとまた同じような症状が出てきます。しかし、またその時は自然に引きましたが、そのあと何度も繰り返すので怖いと言われました。

睡眠中でも腕がしびれて、自分では何かの病気ではないかと不安です。

病院で検査をすると、「頚椎椎間板ヘルニア」になっているから、しびれの原因はヘルニアです。手術をして神経に当たらないようにしましょう!

と宣告されました。

しかし、首の手術にはどうしても踏み切れず、そのまま時間が経過していたところ近所の方のご紹介で来院して下さいました。

検査をしてみると、顎を上に向けると腕が痛がります。横に倒しても腕までしびれと痛みが走ると言われます。これは普通の診方でいくと「頚椎ヘルニア」と言われやすいです。

しかし、鎖骨の近くにある筋肉だけを5分ほど柔らかくしてみたところ、「しびれる度合いが軽くなった」と言われました。

私は一切、骨を触っていません。まして椎間板までも指は届かないし、無理な矯正もしていません。

触ったのは表面上の筋肉だけです。15分もしていると、しびれが無くなりました。

そこでこのTさんは安心して頂けました。ここまでは簡単でしたが、この鎖骨の筋肉に対して悪さをしている筋肉が他にあります。

背中から腰まで1本おかしな硬い筋肉がありました。これが普通ではないくらいに硬く緊張しています。これを柔らかくしていくには少し時間が掛かります。

背中や腰が硬いと必ずと言っていいほど、首や肩の筋肉は硬くなります。

Tさんにも筋肉の状態をお話して、再発させたくない場合は、今後は片固まっている筋肉を柔らかくしていく方が良いと説明しました。

5年前に体が動かなくなる経験をしているので、怖いから治療を続ける事になりました。薬の副作用もあり、筋肉の状態が悪かったので、2か月半掛かりました。

お医者さんを的に回したくないので、ここではあまり薬の事を書きませんが、常用している薬によって治しにくい状態になる人は多いです。副作用で筋肉に影響が出るなんて普通の人は知らないので毎日飲み続けていると思います。

なので、フニャフニャにするまでは時間が掛かりました。

しかし、一度柔らかくなってしまえば再発する事はありません。

Tさんは、「お陰さんで血圧まで下がってきました!手術せんで良かった〜」と言って喜んで頂けました。

20年前に出会った人は頚椎ヘルニアの手術をした後に車椅子になったと言う人がおられました。後ろから首を見ると陥没しています。なんとかしてあげたくても私には何もできませんでした。

せめて手術する前に診させて頂きたかったとお伝えしましたが、Tさんのようにタイミングよく出会えた事でなんとか治療だけで回復して頂けて本当に嬉しかったです。

固まりきった筋肉を柔らかくする事ができれば、メスを入れて傷つけなくても回復できる症状はたくさんあるのです。

もし、あなたが同じような症状でお悩みでしたらどうぞお気軽にご連絡してください。

電話072-465-8882「手のしびれのページを見て..」とお電話してください。  

メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。

  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。  

このページの先頭へ