股関節が座ってから立つ時に痛い|泉佐野市の整体院

 
「座ってから立つ時に股関節が痛いんです..」    
 
40代の女性、Tさんが来院してくれました。
 
3か月ほど前から右側の股関節が少しずつ痛み出し、そのうち治るかな〜と思っていたのが、ますます痛みが増してきたそうです。
 
整形外科に行ってリハビリに通ったそうですが、股関節をグリグリ動かしていくうちに余計に痛みがひどくなったと言われました。
 
接骨院にも毎日通いましたが、一向に痛みが引かずに、「もしかしたら歩けなくなるのではないか?」と不安になってきたそうです。
 
結論から言うと、非常によくある症状です。
 
実は私自身も体験した事がある痛みでよく理解できます。
 
検査をしてみると、私の思惑通りで、骨板に問題がありました。
 
中央にある仙骨が右に傾き、右側の仙腸関節の動きが悪くなっています。その為に骨盤周りの筋肉、大臀筋や大腿筋膜張筋が異常に緊張していました。
 
痛みの為に前傾姿勢をとるので、姿勢が悪く実年齢より老けて見えてしまいます。
 
背骨が丸くなっていると、後ろ姿がとても老けてしまうのです。
 
Tさんは、その姿勢の事も非常に気にしておられました。
 
治療は、腰と骨盤周りの筋肉を緩めて関節にゆとりを作っていきました。
 
すると、最初は膝を曲げるだけで太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が突っ張って痛がっていたのですが、次第に痛みが無くなっていきます。
 
この大腿四頭筋が完全に柔らかくなると、矯正のタイミングです。
 
仙骨から「ポキッ」と動かしていきました。
 
そして次は右側の仙腸関節を「ポキッ」と矯正しました。この時点で寝返りや姿勢を変える時の痛みが変わります。
 
そこで座ったポジションから、改めて立ち上がってもらうと、
 
「アレッ、なんか痛みがマシ!」
 
と驚いてくれました。
 
1日目はここで終了です。
 
3日後にもう一度来てもらうと、2日間痛みがマシだったと言われ、今日は少し痛みが戻ってしまったと言われました。
 
そして、再度同じように筋肉を緩めていき、仙骨と仙腸関節の矯正をしていきました。今回は更に丸くなった背骨の方も伸ばして調整です。
 
このように何度か治療していくと、痛みが完全に無くなり、
 
「普段はほとんど痛みの事を忘れている」
 
と言って下さいました。
 
今回のTさんのように股関節に違和感が出てくる人は多いのですが、痛いからと言って股関節をグリグリ動かしても意味がありません。
 
もっと原因を探る必要があります。
 
Tさんは、2週間後に旅行を控えていたので、痛みがなく普通に行けるようになって本当に良かったと言ってくれました。
 
痛みを我慢しながらの旅行は楽しくないので、回復して頂いて本当に良かったです。
 
もしあなたが同じような股関節の痛みでお悩みでしたらお気軽にご連絡してください。
 
 
 
 
「ホームページを見て..」とお電話してください。  
 
 
メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。
 
 
  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。   それではご連絡をお待ちしております。    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このページの先頭へ