癌・骨粗鬆症・免疫・きのこ!

若い女性が肌のお手入れをシッカリしているのに吹き出物が減らずに困っていると聞きました。そこで以前にお医者さんとの対談で聞く事が出来た、腸内環境の問題思い出しました。


腸が汚れていると体に様々な症状を出てきます。その腸内環境を整える食材の1つ「きのこ類」に効果があります。


肥満やメタボ予防にも繋がる話ですが、低カロリーな食品でありながらビタミンB1・B2が豊富に含まれています。


このビタミンB1・B2は、糖質や脂質の代謝を促進する働きがあり、肥満や糖尿病予防に効果があります。


そして疲労回復もです。


また、キノコ類には食物繊維も多く含まれています。食物繊維は消化されずに小腸を通って大腸まで達する食品成分です。


便秘予防などの整調効果だけでなく、食後の血糖値の急激な上昇の抑制や血液中のコレストロール値の低下など多くの働きがあります。


キノコ類は腸に入って水分が含むと膨れて腸壁についている余分なモノまで根こそぎ取ってくれる作用があるので腸がキレイになるのです。

骨粗鬆症の患者さんにもお伝えしているのは、キノコ類の中でも干し椎茸をお勧めしています。


ビタミンDを多く含まれているのでカルシウムの吸収率を20倍もアップさせるので骨粗鬆症予防に効果があります。


1つ注意点があります。


最近の干し椎茸は機械乾燥の場合も多くあるようなので、調理する前に30分程度日光に当てるとビタミンDの含有量がアップすると言います。ビタミンDは脂溶性なので、炒め物など油と一緒に摂るようにしてください!


ブログでも何度も書いていますが、なるべく薬に頼らないでくださいね。


そして、キノコ類に含まれている。β-グルカンという物質には、ガン抑制効果や感染症予防効果がある事が分かっています。まさに今必要な食材ですね。


β-グルカンは、白血球を活性化しインターフェロンを生成します。このインターフェロンには免疫力を高めてウィルスやガン細胞の増殖を抑える作用があり、インフルエンザや肝炎にも効くと考えられています。


キノコ類は食卓では脇役になりがちですけど、ヘルシーでありながら健康保持の「パワー」をたくさん持っていますし、どんな料理とも相性が良いと思います。


感染症予防効果がある事が分かったので、是非これから積極的に取り入れていきたいですね!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ