利き手ではなく利き顔

gurass

こんにちは、若村治療院です。

顔の歪みというのは誰でもあります。僕もそうですが、耳の位置が左右対称ではありません。

 

鼻が少し曲がっていたり、目の高さが違っていたり、多くの人に出ている症状です。

 

僕はサングラスをかけた時に耳の形が違うせいで、サングラスによっては斜めになってしまうものがあり不快に思っていました。

 

しかし、そんな人向けのメガネが開発されているようです。

 

これは僕も欲しいですね!

 

■「利き顔」に合う眼鏡開発 左右非対称、見栄え良く
2015年8月6日(木)配信共同通信社

 

東京都武蔵野市の眼鏡店「オプテリア グラシアス」が、フレームの左右を非対称にした眼鏡を開発し、普及を目指している。人の顔の左右には、眉の高さや目の開き具合の違いによる「利き顔」があるとし、それに合わせた眼鏡を掛けることで見栄えを良くできるという。

 

右の眉が左側より高く、上まぶたとの間が広い顔を「右利き顔」と捉え、それに合わせた眼鏡はフレーム上部の右角を左側より約1・0~2・5ミリ高くした。「左利き顔」用は左角を高くしている。

 

ブランド名は「レチルド」。デザインは36種類あり、レンズ代を含めない参考小売価格は、素材の違いに応じて3万4560円または3万7800円。

 

「眼鏡が似合わない」という顧客の多くは、一般的な左右対称の眼鏡を掛けることで顔のずれが際立つと分析し、考案した。昨年9月にパリで開かれた眼鏡の展示会に出品したところ、国内の小売店から問い合わせがあり、福島や愛知など4県の計5店舗でも販売を始めた。

 

購入者からは「初めて似合う眼鏡に出会った」という声が寄せられているという。開発した伊藤次郎(いとう・じろう)店長(46)は「海外にも販路を拡大したい」と意気込んでいる。

 

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

コメントを残す

このページの先頭へ