夜の光による子供の影響

kei

こんにちは、若村治療院です。

先日、近所のマックスバリューに23時くらいに行った時ですが、小学生が立ち読みしていました。

 

僕はビックリして二度見してしまったのですが・・・

こんな時間まで小さな子供が、煌々とした明かりの中にいると睡眠に異常がおきてしまいます。

 

こういう事を知らない大人が多いのですが、成長が止まるのが早くなるでしょうね・・・

 

 

「夜型幼児」国内30万人超 3~6歳園児の10% 成長や行動に影響も 保健医療科学院、全国調査
2015年8月10日(月)配信共同通信社

 

幼稚園や保育園に通う3~6歳児の約10%が、早寝早起きが苦手な「夜型」の生活パターンを持っていることが、国立保健医療科学院(埼玉県)などの8日までの全国調査で分かった。

 

全国で少なくとも30万人の幼児が夜型に当たる計算という。成長や行動に問題が生じることが懸念される幼児の夜型が依然として多い実態が示された。

 

調査は2013年10~12月、幼稚園と保育園に通う全国の幼児の保護者1万人余りを対象に「毎朝午前6時に起きるとすれば、どのくらい難しいか」「何時ごろに疲れて眠そうになるか」といった目覚めと眠気に関する10問について3~5個の選択肢の中から回答を選ぶ質問票を配布して実施。

 

有効な回答があった7656人分を点数化し、点数に応じて朝型、中間型、夜型に分けた。その結果、朝型は約33%にとどまり、中間型は約57%、夜型は約10%だった。13年には全国で約420万人の3~6歳児のうち通園するのは約300万人で、10%は30万人に当たる。

 

今回の調査に先だって小規模で行われた試行的調査のデータでは、朝型の代表的な入眠時刻は午後8時50分、中間型は午後9時半、夜型は午後10時だった。完全に目が覚めるのは、朝型は午前6時40分、中間型は午前7時10分、夜型は午前7時半に相当した。

 

調査に当たった土井由利子(どい・ゆりこ)統括研究官は「無理に早く寝かせようとするよりも、寝室に早朝から光が入るようにしたり、就寝前のテレビや外出を避けたりするなどして生活リズムを整えることが重要だ」としている。

 

※子どもの睡眠

 

親の生活習慣の変化などから、子どもの生活パターンの夜型化が問題となっている。睡眠不足や睡眠障害が続くと、肥満や生活習慣病、うつ病などのリスクが高まるとされる。

 

2001年に出生した4万人以上の子どもの睡眠習慣を追跡している厚生労働省の「21世紀出生児縦断調査」では、午後9時前に就寝する4歳半の子どもは5人に1人以下。

 

日本小児保健協会が1980年以降に行った調査では、6歳以下でも午後10時以降に就寝する割合が増えるなど夜更かしの傾向が強まっている。最近は夜型化に歯止めがかかっているとの報告もある。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

コメントを残す

このページの先頭へ