肩こりの原因の1つに視力もある|泉佐野市の整体院

目が見えなくなりました..
 
とうとう自分がそんな年齢になったのか..
 
そんな悲しく不安な気持ちになりました。
 
来院してくださる方もそうですが、現代人は視力が悪い人がとても多いです。
 
ですが、人間の目はある程度筋肉トレーニングやケアをする事で視力は回復できます。
 
そして肩こりとも直結しますが、首や肩が苦しいと言う方は、瞼の筋肉がとても硬くなっている人が多いです。
 
目を使い過ぎか、筋肉を刺激していない、又は睡眠不足です。
 
睡眠不足が一番多いかも知れません。
 
これは僕が20代の時の話です..

 
免許証の更新の時に視力検査の時でした。
 
実は前日が医学会に参加していて、夜中まで地方の先生たちと治療について熱い議論をしていた為に、ほとんと眠らずに免許の更新に行きました。
 
すると、いつもなら見えていた文字が見えません。
 
試験官の人に、
 
「どうする?もう1回計る?」
 
と言われて、再度試してなんとか通過できましたが、若くてもやはり寝ないと視力は落ちるものだと、この時に実感しました。
 
睡眠不足は、1日でもこれだけ視力に影響が出るのに毎日をなると確実に落ちてくる筈です。
 
なので睡眠は本当に体にとって必要な時間です。
 
そしてもう1つ、筋肉を動かすという事も大事なのですが、どういう事かと言うと、
 
眼球1個につき6つの筋肉があります。
 
上斜筋と下斜筋
 
上直筋と下直筋
 
外直筋と内直筋
 
この筋肉が伸び縮みする事で、ピントを合わせてモノが見えます。
 
しかし、我々現代人はパソコン作業が多くなったり資料や本など読むなど、近い所ばかり見る事が多くなっています。
 
これだけ先進国で医学も発達しているのに、視力が悪い人が多いのは筋肉を使っていないからです。
 
サバンナや砂漠で生活する人達はどうでしょう?
 
眼科などないのに、いつまでも視力がいいです。
 
それは毎日、筋肉を刺激しているからですね。
 
遠くを見て、近くを見て..
 
これを繰り返していく事で常にピントを合わせる事が出来ているんです。
 
僕も天気が良い日の朝、治療院に来る時は必ず海の方を見ています。
 
神戸や明石大橋、淡路島などを見るようにしています。
 
「どこまで見えるかな〜、あの辺はビルかな〜」
 
など、なるべく凝視するようにしています。
 
1日の中で何度も出来たら良いのですが、現在の生活では不可能なので、出来る範囲で実践しています。
 
もし、あなたも、
 
「視力を回復させたい!」
 
もしくは、
 
「これ以上、視力を落としたくない!」
 
と思うのであれば、6つの筋肉を動かすようにしてください。
 
トレーニングとケアですね、僕はなんとかこの方法で維持できています。
 
肩こりが強い人は、これだけでも解消されますよ。
 
 
 
 
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
TEL:072-465-8882「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 

コメントを残す

このページの先頭へ