人工皮膚という価値

pantu

 

こんにちは、若村治療院です。

僕の頭の中では『グンゼ』というのは下着のメーカーとしか認識がありませんでした。

しかし、実は凄い技術を持っている会社なのですね。

 

こんな技術は映画の世界しかないと思っていたのですが、実際にあると聞くと嬉しいです。

 

僕は過去に戻れるとしたら研究者になりたいという思いがあります。

 

多くの人の役に立つモノ、価値のあるモノを発明したいと思っていたのですが、学生の頃はスポーツをする欲望の方が強かったので勉強しませんでした!!

 

この夢は来世で頑張ります(笑)

 

 

■グンゼが人工皮膚を寄贈 台湾火災、最大30人分
2015年7月14日(火)配信共同通信社

 

グンゼは13日、台湾・新北市の遊園地でイベント中に約500人がやけどを負った火災を受け、負傷者の治療のために2300万円相当の人工皮膚を日本赤十字社に寄贈したと発表した。

 

やけどの面積によるが、10~30人の処置に使われる分量という。12日に台湾に到着し、病院での手術に使われ始めた。火災は6月27日夜に発生。すでに日本赤十字社が約1億円相当の人工皮膚を台湾に寄贈しているが、足りない状況だという。

 

グンゼの人工皮膚は、重度のやけどや外傷の治療に使われており、損傷した部分に縫い付けると毛細血管が入り込み、2~3週間で新しい皮膚に置き換わる。

 

*************************************

【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

************************************

コメントを残す

このページの先頭へ