依存症の怖さ

パチンコ

こんにちは、わかむら治療院です。

毎日コロナニュースの中にパチンコ店の話題が多いですね。休業要請もなかなか聞けず営業しているお店を聞くと憤りを感じる人も多いと思います。

列をなして並んでいる人達を見ると驚くのですが、コロナも怖くないようですね。

なぜ、多くの人が恐れるコロナウィルスでも関係なくパチンコに行けるのか?これには理由があるようです。

それは「ギャンブル依存症」です。

衝撃な話ですが、どうやら日本人は世界ダントツ第1位でギャンブル依存症が多いらしいです。

「ギャンブル依存症は死んでもパチンコ店に行く!クラスターなんて関係ない!行かなければいかないんだ!」

という心の病になると言います。

心の病


厚生労働省が発表しているデーターによると、自分の生涯の中で1度でも、

「自分がギャンブル依存症かも知れない…」

と自分の事を疑った人は、成人の3.6%いるそうです。これは約320万人相当の計算になります。

そして、直近の1年間で自分がギャンブル依存症かも知れないと自覚症状を感じた人は、0.8%でこちらは約70万人相当の人に当てはまります。

現在コロナウィルスで感染した人は1万5千人、亡くなった人は650人…

この人数よりも遥かに多くの人がギャンブル依存症になっているのです。この病気になった後の人生は、

DV、人間関係の破綻、家計破綻、多重債務、失業、窃盗、詐欺、そして恐ろしい最期は自殺…

このケースがとんでもなく多いそうです。

ギャンブル依存症は人を死に至らしめる病気になると聞きました。全ての人ではないでしょうが、こういう人達を止める事は難しいでしょうね。

うつ病や自律神経失調症は脳への血流を再開させる事で改善させる事が出来る事は分かりましたが、ギャンブル依存症は血行障害と関係があるのか?

とても興味深いですが、自分で「私はギャンブル依存症です」と言って来院してくれる人は恐らくいないと思いますので、治療する機会もないですね…

コロナウィルスも大変ですが、実は心の病に当たるギャンブル依存症と言う怖いものもあると知っている事も大切だと思います。

こんな事で日本がNo.1というのも残念です…

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院
TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

このページの先頭へ