痛み止めと腰痛の関係

痛み止め

こんにちは、わかむら治療院です。

突然ですが、あなたは痛み止めの薬を飲んだ事がありますか?

1回や2回なら問題ないのですが、常用しているとなると体の回復が難しくなってきます。その痛み止めで代表的な薬には「ロキソニン」があると思います。

恐らく誰でも聞いた事があると思いますが、このロキソニンを常用していると、実はあなたの腰に良くないのです。

来院される方には何かしら薬を飲んでいる人が多いです。先日も慢性的な腰痛で悩まされている人が、

「痛いから毎日ロキソニンを飲んでいます」

と言われました。

結果から言うと、腰痛が悪化します。恐らくかなり高い確率で、今のままでは治る事はないと思います。

なぜかと言うと、ロキソニンの副作用に「腰痛」と書いてあるからなんですね(笑)。(上の赤線)

ロキソニンの副作用

腰痛を治す為に処方された薬が、逆に腰痛を悪化させているのです。そして一番下の赤線ですが、「しびれ」「筋力低下」「筋肉痛」と書いてありますね。

どうしてこういうモノを患者さんに飲ませるのか不思議です。

でもお医者さんも、レントゲンでもそれほど異常がなく、いまいちどこが悪いのかハッキリしない為に、どうしようもないので薬でごまかして回復するのを待っているのでしょう。

私のブログでも師匠から教わった事なので何度も書いていますが、痛み止めというのは実は麻痺させているだけです。

もし、あなたが痛みが感じなくなっていたらどうでしょう…

本来ならば痛いから寝ておかなければならないのに、麻痺して痛みが感じないので動きますよね?

そうして無理して動く事で、カチカチに固まった筋肉が切れていくのです。

例えば、劣化して何かに張り付いている輪ゴムなど思い出してください。硬くくっついていますよね?

それを無理に剥がそうとしたら簡単に切れてしまいます。これと同じ事が筋肉で起きるのです。

筋肉には筋トレと一緒で切れた箇所をつなぎ合わせて強くなっていく性質があります。これは生理作用なので誰もが一緒です。

つなぎ合わさる事で、より強い固まりになっていきます。

これを何度も何度も同じ事を繰り返していくので、治るわけがないのですね。

ロキソニンだけではなく他の薬にも同じ作用がありますし、痛み止めの注射を、過去に1本でも打った事がある人は必ず固まりがあります。

それを取らない限り、そのイヤな腰痛は何度でも再発してしまうんです。

是非、薬を使って痛みをごまかさないでしっかりと再発させない筋肉にしていきましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院
TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

このページの先頭へ