運動のタイミングとは?

「ヤバい!足が動かなくなってきた…体を鍛えなければ(汗)」


と言って急に運動をし始める人が多いです。気持ちは凄く分かります。


体が衰えてきた…


この先、もしかしたら寝たきりになるかも…


今のうちに鍛えて動けるようにしよう…


体に対する知識が無く、具合が悪くなれば私も同じ事を考えてしまうでしょう。しかし、このタイミングを間違う事で更にあなたの体を悪い方へ追い込む事になってしまいます。


「こんなに運動しているのに、なんで具合が悪くなるんだろう?」


と言う風に体に良い事をしている筈なのに、あなたを悩ますストレスになってしまうのです。


先日、来院された50代の男性は、歩いていると太ももからふくらはぎが痛んできて途中で立ち止まってしまうと言われました。


少し休むと歩く事を再開できるようになります。しかし、5分ぐらいするとまた痛みがぶり返し立ち止まってしまいます。


男性は「足が衰えてきた!」と不安になってスポーツジムに入会しました。


そして毎日毎日、必死になって足のトレーニングをしたそうです。しかし、やればやるほど足の痛みは増大し、最終的に足を引きずって歩くようになってから来院されました。


これは完全に鍛えるタイミングを間違えているのです。


まず言いたい事は、


「痛い時は鍛えるのではなく、筋肉を柔らかくする事です」


治療に来られる人には何度も伝えていますが、痛みやシビれは筋肉が硬くなった時に出す反応です。神経に問題があるから起こっている症状ではないのです。


強烈な筋肉痛が戻らなくなって起きている現象なので、縮みきった筋肉を戻さないで、更に筋肉に負荷を掛け筋肉を縮ませたら、それは痛みが倍増する事になるのです。


でも、こんな事は一般に人は知らないですね。


治療家でも知らない人が多いのです。なので、あなたも言われた事があるのではないでしょうか?


「筋力が弱くなっているので鍛えてください!」


これはほとんどの場合間違っていますので注意してくださいね。治し方を知らない治療家が言う逃げ言葉だと思います。


「若い頃と同じようなパフォーマンスを出したい」と言われるのであれば、やはり鍛えなければ願いは叶いません。


患者さんから、「前の治療院では鍛えるように言われた」という方は非常に多いのですが、タイミングを間違っている人が多いので何か疑問に思った人はお気軽に聞いてください。


是非、健康になって皆で日本の医療保険の負担を無くしましょう!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ