ヘモグロビンは低ければ良い?

 

iko

こんにちは、若村治療院です。

僕は治療をする時に気になる一つにヘモグロビンA1Cの値があります。

 

この数値が高い人は体の回復速度が遅いように感じられます。先輩方からもよく言われていたのですが、ヘモグロビンA1Cの値を下げてもらわないと「関節が硬くなりやすい」と教えてもらいました。

 

そしてこの数値が高いと過去1~2カ月の食事内容がわかってしまいます。血糖値だけだと前日や当日の食事で変化しますが、ヘモグロビンA1Cは誤魔化すことができません。

 

今までは高いと体に悪影響が出るのは当然のように聞いていましたが、低すぎても悪いという報告が出ていますので、確認してみてください。

 

=======

 

■糖尿病指標、低くても危険 脳出血などの発症1・5倍
2015年6月12日(金)配信共同通信社

 

 

糖尿病の診断に使われる指標「HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)」が5・0%未満と低い人は、基準とした5・0~5・4%の人に比べ、脳出血や心筋梗塞などの心血管疾患を発症する可能性が1・5倍と高くなるとの結果を、国立国際医療研究センターなどのチームが11日までに発表した。脳出血に限ると、1・72倍だった。

 

心血管疾患のない46~80歳の日本人約3万人を約9年追跡し、HbA1cと発症との関係を調べた。

 

HbA1cの数値が高いと心血管疾患の可能性が高くなることは指摘されており、今回の調査でも、糖尿病が強く疑われる目安となる6・5%以上の人は1・77倍との結果が出た。しかし、低い数値と心血管疾患の関連はよく分かっていなかった。

 

解析した東京女子医大の後藤温(ごとう・あつし)助教によると、HbA1cは過去1~2カ月の血糖値を反映する指標で、高いと慢性的な高血糖を意味する。ただ、低くても血糖値が低いことを表すとは限らない。HbA1cの低い人の多くは健康なはずだが、何らかの不調で値が低い人が含まれている可能性がある。

 

後藤助教は「メカニズムは不明で研究が待たれる。(数値が低い人は)不健康な食生活や喫煙など、心血管疾患につながる生活習慣がないか振り返ってみてほしい」と話している。

 

 

*************************************
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街
************************************

コメントを残す

このページの先頭へ