精神科の診療と誤診

u

こんにちは、若村治療院です。
先日、不眠症で来院してくれた30代の女性ですが、心療内科に通っているそうです。

彼女は診察室に入って3分後には

「あなたはうつ病です!」

と診断されたそうです。そこで僕に

「そんなすぐに診断できるもんなんですか?」

と不安そうに質問してくれました。

「うつ病ではありません!そんな訳がありません!」

理由を全て書くと凄いページになるので、ここでは書きませんが、彼女の話を聞いてからもしかしたら他にもこのような診断を受けている人が大勢いるのはないか?と不安になりました。

正しい『診断』と『勇気』を与えてくれる先生に出会いたいですね。

■精神科医療の問題点探る 患者・家族にアンケート 「医療新世紀」
2015年7月7日(火)配信共同通信社

精神科の診療について、患者や家族はどう感じているのか。欠けているものを探り改善につなげようと、静岡県焼津市の児童精神科医、夏苅郁子(なつかり・いくこ)さん(やきつべの径(みち)診療所)が患者・家族へのアンケートを始めた。

質問の中心は(1)医師の医学能力(2)医師の態度・言動(3)医師・患者間の感情・コミュニケーション―について。

具体的には「早く診察を切り上げようとしないか」「一段低く見たような態度と感じるか」「押さえつけるような言葉を言われるか」といった不満だけでなく「頼りがいがあるか」「1人の人間として尊重してくれるか」「話をよく聞いてくれるか」などの問いも並べ、良い部分も浮かび上がるようにした。

家族には「家族にも説明してくれるか」「家族の不安や苦しみも分かってくれるか」と尋ね、家族が置かれる厳しい状況への理解があるかどうかも重視している。

夏苅さんは幼いころ、母親が統合失調症になって家族として苦しみ、自分も医学生のときにうつ状態になって自殺を図った。その経験と、当事者や家族との交流から、精神科を利用している人の多くが困っているのは「医師とのコミュニケーションが取れないことだ」と感じ、自身の診察の反省もあってアンケートを始めたという。

「医師は診察室では圧倒的に強い立場で、患者や家族は評価どころではない。主治医のご機嫌を損ねないように顔色を見ている。声にできない訴えを聞きたいと思いました」と話している。

アンケートへの回答はインターネットの「精神科医の診察能力、態度、コミュニケーション能力についてのアンケート」のページ、http://natsukari.jp/から。

*************************************
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街
************************************

コメントを残す

このページの先頭へ