過度な日焼けの代償とは

756

 

10数年前までサーフィンをしていました。
これを言うとかなり驚かれるのですが、台風や低気圧が来ていると心が躍って眠れませんでした。

 

先日も50代で週に何度も海へ行く現役のサーファーが治療に来てくれましたが、この人を見るといつも刺激を受けます。「歳をとってもこんなカッコよくいたいな~」と思わされます。

 

僕も20代前半の頃は、仕事に行く前でも、よくサーフィンに行っていました。

 

朝4時30分くらいに海に入って、6時に上がりすぐに着替えて1~1時間30分かけて仕事場へ行くという今では考えらない体力があったのです。海から直接仕事に行くので、髪の毛の間に砂も混じっていた事もありました(笑)。

 

そして休日は四国、和歌山、三重県、愛知県と一年中走りまわっていたので、春くらいから身体は真っ黒でした。

 

当時は健康的なイメージでしたが、現在はよく皮膚ガンの話を聞きます。今回もそのような記事が届いたので読んでみました。子供達の身体の事を考えるとサーフィンも薦めにくい気がしますね・・・

 

——————-

■新たな悪性黒色腫-恐ろしい皮膚のがん-の率が過去30年で2倍になった
Rates of new melanomas – deadly skin cancers – have doubled over last three decades
Tuesday, June 2, 2015,
http://www.cdc.gov/media/releases/2015/p0602-melanoma-cancer.html

 

今月のバイタルサイン報告によると、1982年から2011年の間に悪性黒色腫の発症率が2倍になったが、包括的皮膚がん予防計画で2020年から2030年の新規発症は20%予防できる。皮膚の悪性黒色腫の90%以上が紫外線による細胞傷害のせいである。毎年9000人が皮膚がんで死亡していて2011年の悪性黒色腫症例は65000以上である。

 

他のがんが減っているのに比べて悪性黒色腫は毎年増加している。地域レベルで公園やプールの日陰を増やし子ども達に日光安全性について教育し日焼けマシンの使用を制限する必要がある。

 

 

*************************************
【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街
**************************************

コメントを残す

このページの先頭へ