カフェインによる致死量とは

co

こんにちは、若村治療院です。

先日も海外で起きたカフェイン中毒の話をしました。

 

日本でも初めて認識された症状と言いますが、やはり致死量をいうのはあるのですね。

 

当院に来てくれる競輪選手もレース前に飲むとやる気が出ると言っていましたが、カフェインによる血圧上昇のパワーを利用しているのです。

 

コンビニに行けば置いてあるので、ドライブの時などにレッドブルとコーヒーを一緒に飲む事はあり得ると思います。

 

それでも致死量には届かないでしょうけど..

 

■約20本でカフェイン致死量 解剖の教授、危険指摘

2015年12月22日 (火)配信共同通信社

 

カフェイン入り清涼飲料水を日常的に飲んでいた九州地方の20代男性が中毒死した問題で、男性の解剖を担当した福岡大の久保真一(くぼ・しんいち)教授は21日、記者会見し、男性が飲んでいた飲料水は短時間に約20本飲むと致死量のカフェインを摂取することになると指摘した。

 

約20本飲まなくても「カフェイン錠剤などとの併用で死亡につながった可能性がある」との見方を示した。飲料水の銘柄は明らかにしなかった。

 

久保教授は男性の死亡した時期を、今年から昨年に訂正した。

 

久保教授によると、カフェインの致死量は3グラム程度とされ、男性が飲んでいたエナジードリンクと呼ばれる飲料には1本当たり150~170ミリグラムのカフェインが含まれていた。

 

血中濃度が血液1ミリリットル当たり約70マイクログラム以上に達すると、死亡例が報告されているという。男性の解剖時の血中濃度は、1ミリリットル当たり182マイクログラムだった。

 

久保教授は「エナジードリンクは若者に広く飲まれている。コーヒーなどを一緒に飲んで、知らず知らずのうちに中毒に陥る可能性もあるので注意が必要だ」と警鐘を鳴らした。

 

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ