コーヒーでメラノーマを退治する

Coffee

こんにちは、若村治療院です。

自律神経失調症や不眠症の人には眠れなくなるのでコーヒーを避けるように言っていたのですが、実は良い点も多いようです。

 

ほくろガンに非常に効果を発揮するようです。

 

不眠症の人は飲み過ぎると悪いですが、朝に体調に合わせて飲めば大丈夫です。

 

でも皮膚ガンに効くと言ってもさすがに寝る前は避けておきましょうね。

 

■コーヒー摂取でメラノーマリスク減少?

 

カフェインおよびカフェイン入りコーヒーを摂取する量が多いほど、メラノーマの発症リスクが減少する可能性が、米国・ハーバード大学医学部のShaowei Wu氏らによって報告された。Epidemiology誌2015年7月10日掲載の報告。

 

カフェインはこれまで、紫外線誘発性の発がんを抑制すること、メラノーマ細胞の成長を抑制することが示唆されていた。Wu氏らはカフェイン摂取、コーヒー消費とメラノーマ発症リスクについて調査するため、3つの大規模コホート試験を調査した。

 

調査に用いられた試験は、1991~2009年のNurses’ Health Study II(女性、8万9,220例)、1980~2008年のNurses’ Health Study(女性、7万4,666例)、1986~2008年のHealth Professionals Follow-up Study(男性、3万9,424例)であった。

 

Cox比例ハザードモデルを用いて、メラノーマと食物摂取の関連について95%信頼区間とハザード比を調査した。

 

主な結果は以下のとおり。

 

・調査は400万人年超のフォローアップ中、2,254例のメラノーマ患者が特定された。

 

・カフェイン摂取量は393mg/day以上と、60mg/day未満で比較を行った。

 

・リスク因子による補正後、カフェイン総摂取量が多い群ではメラノーマ発症リスクが少なかった(HR=0.78、95%CI=0.64~0.96、傾向のp=0.048)

 

・この相関は女性のほうが男性よりも顕著であった(女性:HR=0.70、95%CI=0.58~0.85、傾向のp=0.001、男性:HR=0.94、95%CI=0.75~1.2、傾向のp=0.81)。

 

・カフェイン摂取量が多い群では、高頻度で日光に暴露されている部位のメラノーマ発症が少なく(頭部、首、四肢:HR=0.71、95%CI=0.59~0.86、傾向のp=0.001)、日光暴露が少ない部位(肩、背中、臀部、腹部、胸部:HR =0.90、95%CI =0.70~1.2、傾向のp=0.60)よりも顕著であった。

 

・上記の相関は、カフェイン入りコーヒー摂取量では同様の結果を示した一方、カフェイン抜きコーヒーの摂取量ではみられなかった。

 

原著論文はこちら
Wu S, et al. Epidemiology. 2015 Jul 10. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26172864

 

*************************************

【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

************************************
 

 

コメントを残す

このページの先頭へ