じんましんが出ました

数年前ですが、牡蠣に当たりました…


経験した事がないほどの全身の痒みと腹痛に襲われてトイレから出られなくなってしまいました。


あれは風邪が治った病み上がりの日曜日…


家族で近所にある「ジョリパスタ」にランチをして行きました。パスタを注文した後に壁に貼ってあったポスターに美味しそうな「牡蠣フライ」が写っていたのです。


あまりにも美味しそうだったのと値段が安かった事で思わず注文しました。


全て食べ終わり車に乗って移動しようとしたら、何やらお腹の調子がおかしいです。


車で移動中に洋服屋の「シマムラ」が見えたので、そこでトイレを借りました。


その時にお腹が激痛の為にトイレから出られません。いろいろと頑張った後に少し体調が戻ってきたのは40分後でした。


家族も心配していたのですが、また車で移動しようとしたら腹痛がカムバック!


今度は「ケーズデンキ」のトイレに駆け込み30分の格闘…


腹痛にプラスしてあちこち痒くなってきました。これはおかしいと思い鏡を見てみると、顔が真っ赤!お腹も痒いので服をまくるとお腹も真っ赤!


家族に会うと皆に驚かれました。

その日は家族サービスもキャンセルで急遽、和歌山の日赤病院まで自分で運転して行きました。全身痒いので掻きまくりながら運転していました(笑)


点滴で回復したのですが、その後から怖くて牡蠣を食べる事が出来ません。


カキに当たる原因は4つあります。「ノロウイルス」「腸炎ビブリオ」「貝毒」「アレルギー」です。中でも圧倒的に多いのはノロウイルスであり、ほとんどが生ガキや加熱処理が不十分なカキを食べた場合に生じるとされています。


しかし私が食べたカキはフライので熱処理は出来ています。かなり悩みました…


「これから一生牡蠣は食べる事が出来ないのか…」


しかし、外で食事をする時に貝が入った料理を知らずに食べた事が何度かあります。いつも後から「アッ、食べてしまった!」と気が付いています。


それでもなんの反応がないので、「助かった!」と安心していましたが、お医者さんと対談する機会があったので、今までの経緯を相談してみました。


すると…

風邪を引いて熱が出ると白血球が盛んに働きウイルスを攻撃します。その為に熱が出るのですが、体調が良くなってきて風邪が治ったと思っても攻撃態勢に入っていた白血球はまだ落ち着いていません。


そこに魚介類のようなものが入ってきた時に、「異物」だと判断されてしまい白血球は再度、攻撃体制に入ってしまったのでしょうね。


と言う事でした。私のブログによく出てくる大好きな白血球です(笑)


白血球はとても賢い細胞です。彼らの働きによって私達は健康に生きられるようにしてもらっています。


そんな偉大な彼らですが、「病み上がり」と言う白血球にとって、戦いの直後の攻撃体制が崩れていない状態での魚介類は避けた方がよさそうですね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ