腰痛とアスリート

パフォーマンスアップ

こんにちは、わかむら治療院です。

当院には競輪選手などアスリートが来院して頂けますが、彼らのような一流選手を見ていると一般の人と筋肉が違います。

普通にしていると柔らかいのですが、力を入れると筋肉が浮き上がるほど硬くなります。一般的に言われる良い筋肉ですね。

体が痛いという時は、力を入れていないのに筋肉が硬くなっている時です。

アスリートでも、特に腰の筋肉が硬い時は成績があまり良くないように感じました。アスリートは自分が持つ限界能力を超えていく時がありますが、こういう時に筋肉繊維を切ってしまう時があるようですね。

大量に繊維を切ると、そのあとが大変です。

回復するまで非常に時間が掛かってしまいます。この回復に掛かる時間が早ければ早いほどアスリートとしてパフォーマンスを発揮できるか、どうかが関係してきます。

ライバルに差をつける1つの要因をお話します。

人間が医学上、全力疾走の限界時間はどのくらいでしょう…

トップスピードに乗った状態を続けられるのは40~50秒くらいです。陸上で例えらると無酸素運動で走り切る極限の種目、400メートル走。

ゴールした時は筋肉がパンパンに膨れ上がっています。

現在の世界記録は2016年リオデジャネイロ五輪でバンニーキルク出した43秒03ですが、このくらいが、人間が出せる限界の力だと思います。

普通のスポーツ選手なら50秒くらいでしょうか…

この状態から、いかに早く回復できるか?は筋肉が問題になってくるのですが、どれだけ普段から柔らかい筋肉を持っているかです。

先ほどは陸上に例えましたが、サッカーやバスケットボールなどの競技でも一緒です。

サッカーのように90分の競技でも、90分間フルパワーで動いているわけではありません。途中でゆっくり動いている時間もありますね。この時に筋肉の中に溜まった乳酸などを除去して回復させています。

回復力

もしあなたがライバルと一緒に40~50秒間フルで動いたとしましょう…

そしてライバルよりも断然早い回復力だったとしたら…

ライバルはまだ乳酸MAXの状態から復活出来ていないのに、あなたはもうすでに回復していれば、勝利するチャンスが恐ろしく増えてくると思いませんか?

「ライバルが動けないのに、あなただけは動ける」多くの人が恐らくあなたの事を怪物だと思うでしょうね。

これはもって生まれた体質かと思っていたのですが、実は後からでも体質を変える事ができるのです。

それは1度、徹底的に筋肉を柔らかくしてしまう事です。

恐らくあなたが体験した事がないくらい柔らかくなるのですが、当然ですが体の痛いところは消えてしまいます。

当院は整体院なので、痛みを取る事が1番の目的ですが、その為に筋肉を柔らかくする事で運動のパフォーマンスもアップする事ができるようになりました。

もし、あなたも体の痛みのせいでスポーツが出来ないなどお悩みでしたらお気軽にご連絡してください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院
TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

このページの先頭へ