太極拳で永遠に健康な足を作る

tai

こんにちは、若村治療院です。

僕は筋力トレーニングの中でも、特に足のトレーニングが嫌いです。

 

理由は単純にキツイからです..

 

昔から上半身のトレーニングは大好きでしたが、足だけは苦痛にしか感じられないのです。

 

以前、野球選手の工藤投手が言っていましたが、彼はオフシーズンになると下半身を鍛える為に渡米して徹底的に足を鍛えるという事でした。

 

人間は足腰から弱ってきますので、その足を鍛える事で老化を遅らせる事が可能になります。

 

現役を長く続ける事が出来たのも納得できますね。

 

下半身が丈夫であれば、どれだけ歳を重ねても自由に自分の足で願う場所に移動する事ができます。

 

この事は僕も十分理解しているのですが、自分の弱い感情が働いて下半身の筋トレはサボろうとしてしまいます。

 

特に太ももを使うスクワットなどのトレーニングは筋力と同時に『肺』が鍛えられる為に有酸素運動をした時のように「ハァー、ハァー」と息切れするからです。

 

長い階段を歩いた時に息切れすると思いますが、その状態が苦しいので避けて通ろうとしてしまいます。

 

しかし、歳を取って転んでも骨折しない強い体を作る為には、やはり足のトレーニングが必要です。

 

じゃあ、どうするか..

 

ウォーキングも良いですし、自転車トレーニングも良いです。

 

階段を一段抜かして上がっていくのも良いでしょう。

 

あと実は太極拳も効果的なようです。

 

見た事しかないですが、あの膝を曲げてゆっくりとした動作は下半身のトレーニングには最高でしょうね。

 

 

■太極拳で高齢者の転倒予防

 

太極拳と下肢の筋力トレーニングがそれぞれ高齢者の転倒予防にどのような効果をもたらすかを比較検討した台湾の研究者らによる報告。

 

高齢者の転倒は寝たきりの主要な原因となっており、長期の入院や介護の必要性を高めたり、死亡リスクを増大したりすることが知られている。

 

関節炎、心疾患、筋の脆弱化、視力とバランス能力の低下、認知症など様々な加齢性の健康問題を抱えることによっても転倒リスクは増大する。

 

研究では60歳以上の高齢者368人を対象に2群に分けて検討を行った。

 

最初の群は1時間の太極拳トレーニングを毎週1回、24週間にわたって行ってもらった。

 

太極拳は中国で生まれた健康維持のための武術の一種であり、ある種の姿勢と精神集中、呼吸、リラクゼーションを組み合わせた動作が特徴的である。

 

太極拳は歩行中や立っているとき、さらには着座した状態でも行うこことができる。深呼吸、体重移動、ゆっくりした運足法などがその動作には含まれている。

 

第2群は個別に週当たり1回の下肢筋力トレーニングを24週間にわたって行ってもらったものであり、ストレッチング、筋力トレーニング、バランストレーニングを含むものであった。

 

研究者らは双方のグループに少なくとも80%のセッションを完遂するよう求め、また6ヶ月の試験期間中及び12ヶ月の追跡期間中も、家庭に於いても毎日何らかのこれらのトレーニングを実行するように求めた。

 

研究期間中に全ての被験者は身体状態を記録を付けるように要求され、転倒した場合にはそれを記録し、月ごとに研究者にその記録を明らかにするよう求められた。

 

6ヶ月経過後、太極拳群は外傷を引きおこすような転倒が下肢筋力トレーニング群に比べて有意に少ない事がわかった。

 

トレーニング期間終了後1年経っても、太極拳群では50%、下肢筋力トレーニング群に比べて外傷を引きおこすような転倒をする割合が少ない状態が継続していることもわかったのだ。

 

太極拳群の被験者は個別化された太極拳レッスンを家庭で受けていたが、実際的には、高齢者が太極拳をクラス形式で習い、それを毎日家庭で行うというスタイルが転倒予防のためには良いのではないか、と研究者は指摘している。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jgs.13952/abstract

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30

定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後

〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11

サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ