膝が歩くと痛みで動けない

 

「膝が痛うてな、歩かれへんねん!」

 

「昔、腰を直してもろうたの思い出してな、またお願いしようかと思って..」

 

と70代の男性が足を引きずって歩いてきました。

 

歩いていると、膝が「ガクッ」として、しばらく痛みで動けなくなるという事です。

 

病院に行って注射してもらったのですが、痛みは引かず、医師からは手術を勧められたそうです。

 

しかし、周りに手術をした知人が2人もいるらしく、どちらも予後が悪く苦労している姿を見ているので、自分は手術をしたくないと言われました。

 

歩く姿は左足がとてもO脚になり、ヒョコヒョコとやっと歩いている様子で、顔は引きつっていました。

 

足を上げて歩くと痛みが出るので、引きずるしかないというのです。

 

でも私は歩いている姿を診て腰に問題がある分かりました。

 

検査をしてみると、やはり骨盤部分、特に仙腸関節が全く動きがありません。

 

左足をかばう為に右足の筋肉も棒のように固くなり、これから先が危ない状態です。

 

治療をしていくと、筋肉が固くなかなか関節が動きませんでした。

 

最初の1~2回は、少しずつ骨盤に動きをつけ、膝に出来てしまったシコリを取り除く治療です。

 

なので普段の生活でもまだ痛みが出る状態でした。

 

3回目の治療の時にやっと骨盤が動きました。

 

これで安心です。

 

聞いてみると、やはり「今回は痛みがほとんど出なかった」と言って下さいました。

 

この日から、膝のシコリが取れる事が早くなりドンドン回復が早くなっていきました。

 

このように痛みが出ているところだけ診ても治らないのです。

 

問題になっている場所を早く見つけて、そこを正していけば回復してきます。

 

もしあなたが膝の問題で悩んでいるようでしたら、どうぞお気軽にご連絡してください。

 

電話072-465-8882

「膝の痛みのページを見て..」とお電話してください。  

 

メールの方がお問い合わせしやすい方は右端に表示される「このページの先頭へ」をクリックし、ページ上段部にある「お問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信ボタンを一回だけクリックしてください。

 

  あとは私が確認でき次第、すぐに返信いたしますので、もう少しの時間お待ちください。   それではご連絡をお待ちしております。    

このページの先頭へ