馬の治療をする先生

2014-10-26 14.02.17

こんにちは、若村治療院です。
岡山での研修会に参加させてもらってきました。

整体歴50年近くなる先生達が講師となる
興味深い研修で、かなり勉強になりました。

この整体業界も、それほど目新しい技術はないと
思っていたのですが、驚きです。

新しい技術はありました!

教えて頂いた技は凄くシンプルですが、
非常に治療効果が高く驚きの連続です。

 

また今回は上の写真の人が面白く
競走馬の整体をしている先生です。

腕の傷は2年前に馬に噛まれて4針縫う事になった
傷だそうです。

写真では分かりにくいですが、
2年経っても腫れが残る痛々しい傷でした。

これは馬の治療中に噛まれたのではなく、
機嫌が悪い時に馬の横で腕を出したのが
原因になったそうです。

 

競走馬も先生の治療を一回受けると、
その気持ち良さの為にに気を許すのですが、
初めての馬はなにをされるか分かっていないので
警戒していたらしいです。

 

この先生は月の半分は馬の治療、
そして半分は人間の治療をしているそうです。

 

この整体業界に入る前から馬の事が大好きで
大好きで仕方がなかったそうで、
馬の治療をする為に整体を勉強したと
言ってました。

きっとこういう情熱が競走馬にも伝わって
いるのでしょうね~。

今回は治療技術だけではなく、
とても面白い話を聞かせてもらえました。

競馬好きの人には羨ましい話かもしれませんね~。

コメントを残す

このページの先頭へ