腰痛予防に筋力アップ?

今日はある雑誌で「在宅ワークで腰痛になる」と言う記事を読みました。そこで腰痛予防についてとんでもない誤解が書いてあったので驚きました。


でも恐らく多くの日本人が同じ考えをお持ちだと思います。この考えを直さない限り腰痛は永久に治りません!!私は腰痛治療の専門家ですが、自分自身が「腰痛のプロ」でした(笑)


小学6年生からギックリ腰を体験しています(笑)


その後、30回以上のギックリ腰を経験!何度も痛み止めの注射でごまかしてきました…



しかし腰痛に対して私の考え方を変えてくれる科学者と出会えたお陰で完全に克服し、健康で仕事や遊びが自由に出来るようになりました。


あなたも是非、健康になってください!!


まず厚生労働省の国民生活基礎調査(2019年)を見てみると、病気やケガなどの自覚症状の中で、「腰痛」は男性で1位、女性2位と非常に多いです。


これは恐ろしい事に年々増えています。


医学は進歩しているはずなのに、腰痛だけは増え続ける一方です。そしてコロナによって在宅ワークを余儀なくされた方もおられます。


また慣れない環境下で仕事をする事で腰痛になったと言う人も多いでしょう…


疑われる原因としては、パソコン作業をする時の姿勢があると思われます。


超猫背!ですね…


ノートパソコンなら尚更ですが、こんな姿勢に近くなると思います。


これはどうでしょう?


こんな姿勢で長時間作業する人はいないと思うのですが、間違いなく疲れますね?


まず一般的な話をします。


机の高さやイスの高さと、「あなた」の体格がうまくマッチしていないと猫背になりやすく腰の負担を増加させます。


机やイスなどの作業をする為の条件が整っていないと猫背になりやすく腰の痛みを起こしやすくなってしまいます。


また、背もたれのないイスや床に座り続けて腰のあたりが苦しくなった経験はありませんか?


猫背だけではなく、背もたれのないイスや直接床に座った姿勢が長時間続く事で腰に負担が掛かり、腰の不快感や痛みを発生させます。


私も数値まで知りませんでしたが、背もたれを使用しない座り姿勢で腰に掛かる負担は立ち姿勢の1.4倍にもなるそうです。


普段から、職場などでパソコンに向かう時、無意識にイスの背もたれに寄りかかったり、お尻を動かしたり座り直したりしていますよね?


このような行動によって、長時間同じ姿勢が続く事を避けて腰への負担を軽くしているのですね。


もともと人間はジーッと座っているように作られていないので少し動かないと筋肉は固まり血流が滞ってしまうんです。


なので在宅ワークの時も、15分に一回は立ち上がって筋肉をリセットさせましょう!これを守るだけで疲労度合いが変わってきます。


在宅ワークだけでなくオフィスで仕事をされる方も同様です。座りっぱなしには注意をしてください。


そして私が一番気になった所です!


「腹筋」と「背筋」の筋力アップをしなさい!と言う所です。これは以前のブログにも書いた事がありますが、一流アスリートでオリンピック金メダリストの体操選手でさえ腰痛で試合を休むのです。


腹筋と背筋がバキバキですよ!そんなに筋力が強いのに腰痛で動けなくなるのです。これはおかしいですよね?


答えは…


「筋力アップ」ではないのです。筋力を鍛えて固くするのではありません!筋肉を極限まで柔らかくする事です。


私はこの事実を教えて頂いてから、何十年と悩んだ毎朝の顔洗いや靴下を履く姿勢で「ズキンッ!」と突然襲いかかる、あの痛みの恐怖から完璧の逃れる事が出来ました。


日本中の人がこれに気づいて正しく腰の筋肉を柔らかくする事が出来れば、腰痛は改善されて、全員が健康に仕事や遊びを楽しく事が出来ると思います。


そんな時代が来たら最高ですね!まずは泉佐野の人達にそうなって欲しいです!!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ