腰の硬い高齢者

治療家になった頃に常に疑問に思っていた事がありました。


それは骨粗鬆症と言われる人達の腰の筋肉が異常なほど硬い事です。「まるで腰全部が鉄板のようになっている」という事です。


来院される理由は「膝が痛む」「足がしびれる」そして、もちろん「腰痛」です。以前の私は骨や関節を矯正する治療が多かったのですが、これだけ腰の硬く骨がもろい高齢者には、さすがにそんな治療は出来ませんでした。


体を触らせて頂いた患者さん全員が同じようにガチガチに固まっています。


どうしてもこの理由が分からなく、いつも困っていました…


でも何年も何年も悩んでいた事が解決できました。


普通ならカルシウムは骨で貯蔵しているものですね。

信じられない事にその大事なカルシウムが骨から筋肉に移動してしまうのです。そして人体で最大の収縮力を持つ腰の筋肉に最も多く集まってしまうんです。


だから骨粗鬆症と言われる全員が、ガチガチの筋肉の持ち主になっていくのですね。


骨粗鬆症の皆さんが当然のように骨密度を上げる薬を飲みます。しかしここに落とし穴があります。


作用と副作用があるのですが、骨密度を上げようとする代わりに更にカルシウムが移動して筋肉も硬くなっていくのです。


もしあなたが薬を飲んでいれば分かると思いますが、恐らくそれほど骨密度は上がっていないと思います。


多くの人は副作用で筋肉が硬くなるので、骨が丈夫になるどころか「膝痛い」「足がしびれる」と言った新たな症状が生まれてしまいます。


そして今度はその症状に対応した「痛み止め」などを処方される…


こう言った終わりのない負の連鎖に入っていきます。


しかし、その固まった筋肉が柔らかくなれば、筋肉に移動してしまったカルシウムは骨の方に戻っていく事が分かりました。


「二十歳の頃のように骨密度が上がる!」とはいきませんが、年相応の骨密度に戻れます。


昨年から4人ほど骨密度が上がってくれた人達がおられますが、皆さんが、



「薬飲んでも上がらなかったのに不思議ですね」


と驚いて頂けました。


薬についても正しい知識を持たないと私たち国民は副作用という代償を支払う事になるので注意が必要ですね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院

お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ