股関節の痛み

股関節が痛み歩く事が苦痛になる人が多いです。

もしかしたら何かの病気ではないのか?

ストレッチをしても変わらないし、股関節の痛む原因はなんなのか?

変形性股関節と言われたがどうしたらいいのだろう…

痛み出すといろいろな事を考えてしまうと思います。よくあるの代表的なのは変形性股関節症ですが、どういった症状でしょう…

変形性股関節症

股関節のクッションの役目を果たす軟骨という場所がありますが、その軟骨の摩耗などによる、骨盤の臼蓋(股関節の受け皿になる場所)と大腿骨頭(足側にある先端が丸い骨)が変形する事で痛みや動かしずらさ、両足の長さに違いなどが生じる病気です。

中高年の女性に起こりやすいですが、臼蓋が小さ過ぎるといった臼蓋形成不全など生まれつき股関節が痛みやすい場合は若い人たちでも起こり得ます。

子供の頃にかかった股関節の病気の後遺症として起こる事もあります。

進行を遅らせるための早めの処置を行う事が重要で、薬物療法と合わせて筋力トレーニングや体重コントロールなどが行われることも多いです。

病気がひどくなってしまうと安静にしていても痛みを感じるようになるので、人工関節に置き換える手術を行われます。

原因

股関節は、大腿骨の骨頭という先端が丸くなっている骨が、骨盤側のくぼんでいる臼蓋というところにフィットしており、その構造によって足を前後左右斜めに動かせるようになっています。

歩く事で股関節には負荷が掛かるが、正常な状態ではクッションの役割を果たす軟骨が衝撃を和らげているため、大きな問題は起こりません。

しかし、加齢などによって軟骨が摩耗すると、少しずつ骨が変形して炎症が起きてしまいます。一般的に体重が重いほど股関節の負荷が大きいため、軟骨が減りやすくなります。

また、臼蓋が小さ過ぎるといった臼蓋形成不全に気づかないまま長年過ごし、中高年になって痛みが出る場合もあります。

臼蓋形成不全は、乳児の頃に足を伸ばしてあてるタイプの布おむつによって股関節の角度が浅くなってしまったと事に関係があると言われているため、紙おむつが主流になった近年では形成不全は減少しているようです。

症状

関節の痛み、関節の動かしづらさや両足の長さの違い、それに伴う歩きにくさが代表的な症状です。関節の軟骨がすり減って関節のすき間がわずかに狭くなる初期段階では、起き上がった時や、歩き始めた時などに、足の付け根部分に何となく違和感が感じる…

お尻、太もも、膝に痛みやこわばりがある場合もあります。

関節軟骨の摩耗と変性が進行するにつれて痛みが増し、安静にしていても常に痛んだり、夜寝ていても痛みが続いたりする事もあります。

その状態になると、やがて長い時間歩く事と立っている事がつらくなり、階段の上り下りに手すりが欠かせなくなるほか、足の爪切りや靴下を履くこと、正座をすることも難しくなるために、日常生活に非常に支障が出てきます。



当院ではこんな施術を行います

上記に書いたものは現在まで一般的に言われた変形性股関節症です。しかし医学は進歩しています。常に研究はされ続けています。

「軟骨がすり減って痛い」と言われていた事が実はそうではない可能性が分かってきました。

なぜかと言うと軟骨には痛みの神経が走っていないからです。

痛みの神経が走っているのは「筋肉」です。筋肉が硬くなると動かす事に不自由さを感じるのです。当院ではどの筋肉が痛みを出しているのか?どの筋肉が原因で動きを制限しているのかを見極めてアプローチしていきます。

施術に痛みは伴いません。痛みを伴う施術は筋肉繊維を傷つけてしまうために、後から再度痛みが起きてしまいます。

どういう事かと言うと、傷つけられた筋肉繊維は自ら修正しようと硬くなります。そうすると更に筋肉が硬くなり以前よりも動かす事が困難になるのです。

なので、施術の際は足を「ゴンッ」と引っ張ったり、「グーッ」と押し込むような事は一切しません。全く痛みが出ないように行いますので安心して下さい。

股関節の痛み 症例

股関節が痛い

股関節の隙間の隙間がない 

お客様の声・全文はこちらで掲載しています
お電話でのご予約 インターネットからのご予約

このページの先頭へ