筋肉を落としたくない病

鉄人

こんにちは若村治療院です。

以前、腕がしびれてなかなか治らないと言う男性が来院されました。体格が良くて若々しい感じがするのですが、年齢は53歳です。

かなり驚きました。そんな齢には見えません。

超健康体に見えるのですが、腕がしびれるし、肩も挙がらなくなってきたと言う事でした。

趣味はトライアスロンで、試合にも参加しているそうです。

仕事が終わったらすぐにジムに行ってバーベルを持ち上げ、次は水泳をすると言う日々を送っているそうですが、だんだんバーベルが挙げられなくなってきたと言われました。

これは結構多い症状なんですね。

少しだけトレーニングを休憩して筋肉を柔らかくするか、それともトレーニングを休みたくないならば、しばらくの間は毎日治療するか…

精神的な問題になってきます。どういう事かと言うと、

私は子供の頃から体を鍛えていました。小学校の6年生の時は空手の試合前3ヶ月くらいになると、毎朝のジョギング、帰ってきたら腕立て伏せ、腹筋運動、サンドバックにパンチや蹴りを打ち込む、最後にはパンチングボールで早い動きに目をならしていく…

こんな事を続けていました。当時は努力した結果、全国大会でも5位になれました。

その後も色んな流派の空手を続けて、筋トレをしながら鍛えてきたのですが、一度筋肉を付けると、それが落ちていくのが怖くなります。

ボディビルダーではないですが、毎日鏡をチェックするようになるので、腕の太さや肩の大きさ、太ももに浮かぶ筋肉の凹凸…

これらをチェックしてしまうんです(笑)

とにかく怖いんです…

糖質制限


せっかく付けた筋肉が少しでも落ちるのが嫌なんです。食事にも気を使い日々の体重コントロールをしてせっかく変化させた自分の体。

筋肉だけは絶対に落としたくはないんです。以前の私もそうでした。

糖質や脂肪分は極力摂取せず、タンパク質が多いものだけを食べるようにしていました。みるみる自分の体が変わっていきます。

エグザイルのような体になれますので、銭湯など行くと知らないオッチャンに「兄ちゃん、エライ体しとんな〜」と良く声を掛けられました。

これが嬉しいんですね(笑)

でも、それが「健康」なのかと言うと少し違っていました。

生きていく中でそこまで必要でない筋肉を無理やりに発達させていくのですから、当然に筋肉の繊維を切りまくっています。

切れば修復作業にかかるので、また硬く強くなっていきます。この時に血行不良が増幅していくのですね。その結果、体のどこかが痛み出し、病気に繋がっていきます。

今回の男性は、筋肉を落としたくない病だったので、そういう事であればトレーニングを休めない分、毎日でも治療をすると言われましたので通って頂きました。

さすがに毎日続けたら10日間くらいですっかり痛みが無くなり肩も挙がるようになりました。仕事にも支障が出なくなったと喜んで頂けました。

仕事に支障が出ているのにトレーニングは止めないのですから凄いですね(笑)

でも凄く共感できる事だったので、この男性と同じような思いの方の為、なんとかお役に立てたら嬉しいです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【泉佐野の整体院】若村治療院
TEL:072-465-8882 「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメントを残す

このページの先頭へ