冷え性の対策!必読です

寒い日が続いてきましたね!この時期に多い「冷え」は女性の悩みと思われがちですが、最近の患者さんを見ていると男性でも冷え性を感じている人が増えています。


または自覚していない「隠れ冷え」という言葉もあるようです。

是非お読み下さい!!冷え性は様々な病気や不調に関連している大変に困った症状なんです…


一般的に冷え性は、手足や体の一部、または全身が冷えてそれを苦痛と感じている状態です。


一方、隠れ冷え性は手足や末端が冷えていても自覚していない場合や、手足は温かくても体の中心部分(内臓)が冷えている状態を指します。

冷えはどうして起こるのか?


1.熱を作れない(代謝の低下)
食物が消化吸収されて代謝される課程で熱が作られる為、食事を抜くと体温は上がりません。また筋肉はエネルギーを消費しながら熱を発生している熱源になるため、筋肉が少ないと熱の産生も少なくなると一般的には言われています。


2.熱を運べない(血行不良)
熱は血液によって運ばれる為、じっとしている状態では血流が滞り、手足などの先まで熱が届きにくくなります。また、ストレスや睡眠不足などにより交感神経優位の状態が続くと、血管が収縮し血行不良となり、冷えを招きます。


3.熱を調整できない(外的要因)
これは簡単です。薄着でいると、体の熱が外に逃げやすく、冷え性に繋がります。また、冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎると、内臓から冷えてしまいますね。


あなたの健康を脅かす「冷え」を放置すると…
「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えは様々な病気や不調を引き起こします。



冷えがもたらす不調の代表的なものには、手足の冷感、貧血、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、疲れやすさ、イライラ、肌荒れ、月経痛や月経前症候群などがあります。



また、体温が低下すると、免疫細胞や酵素の働きが弱まり、免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザ、コロナなどの感染症やぜんそくなどのアレルギー疾患、そしてガンですね!これに関わる危険性が出てきます。

そして女性に大敵な肥満や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の危険性が高まります。

しかし、体を温めると全身の血行が良くなり、免疫細胞や代謝機能も良好に保たれ、心と体がリラックスします。


本当であれば、いつも私が言っている「筋肉を極限まで柔らかくしてしまえば良い」のですが、当院に来院された事がない方にも健康になってもらいたいので紹介します。


簡単に実践できるとした足を温める事です。



足湯をして寝る時は湯たんぽです!!


これは健康な人も実践した方が良いです。僕は電気毛布などは使った事がなく湯たんぽしか知らないので電気の事は分かりません。湯たんぽは絶対にお勧めです。とにかく布団に入った時に「ホッとします」こえれが深い眠りを誘ってくれるので、後々免疫力が上がってきます。




朝までグッスリ眠れるので肩こりが勝手に治ったと言う人も出てきます。



あとは足湯、これは保温されるタイプのものがAmazonでも売っています。



これは、家にいる間はずっと続けても良いくらいです。体調が優れない人なら四六時中です!中途半端じゃなく徹底的に温めるのです!




「これでもか!!」と言うぐらいです(笑)



このくらい実践した人は必ず体調は変わってきます。体質を変えるという事は治療でもそうなのですが、簡単な事ではないのです。




中途半端じゃなく徹底的にやってください(笑)



でも再度申しますが、1番は筋肉を極限まで柔らかくしてしまえば1年中温かい体を保つ事が出来ますよ!

それが「免疫力」を高めると言う事です。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



【泉佐野の整体院】若村治療院


お問い合わせページはこちら

受付時間:平日9:30~午後7:30
定休日:毎週日曜日 祝日 水曜日午後
〒598-0046 大阪府泉佐野市羽倉崎2丁目5-3-11
サニータウン羽倉崎3番街



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ