首の痛みによる頭痛を治療

先日、寝違いで首が痛いという方が来院されました。朝起きたら首が動かなかったそうです。(30代 主婦)

首は、左に向くことができますが、右を向こうとすると右側の首筋が痛くてたまらない。頭痛、吐き気もしてくるそうです。

整形外科で診てもらったのですが、

「ああ寝違いな、まあ、しょうがないね・・・」

と言われ、薬とシップを出してもらったという事。

 

■(1回目)

検査してみると首の6番、7番目が大きく歪みがあり、触った感じでは少し熱があるよう様子。

上半身の筋肉をほぐしていくと、筋肉が硬く固まっている場所が所どころあるので、まずその部分をほぐしていきました。

するとこの時点で頭痛が治まってきました。

ここで7番目の首の矯正をすると、ほぼ完全に頭痛が治まりました。

もう一度上半身の筋肉をほぐして、次は背骨の3番、9番の矯正。すると吐き気も治まったようです。

 

■(2回目)2日後

頭痛、吐き気は全くなかった。首が右側だけ少し向きにくい感じが残る。

初日と同じ、上半身の筋肉をほぐしていくと、

「自分でも考えていなかった場所が凝っている!」

とびっくりされている様子でした。この日は首の7番と前回できなかった2番の矯正。

右方向に首が動くようになり、背骨の矯正をして終了。

 

ーーーーーーーーーーーーー

うつ向きでモノを抱える作業が多いという事でした。長い時間同じ作業をする事で背中から首にかけて苦しくなるという事なので、肩甲骨を開いていくストレッチ運動をしてもらうようにしました。

現在は疲労を残さないように定期的にメンテナンスに来てもらっています。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ